Patriot Game 強さの意味
2015年12月16日 (水) | 編集 |
産経ニュース
「再婚禁止期間」は憲法違反 最高裁大法廷

 「女性は離婚後6カ月間、再婚できない」とする民法規定についての違憲性が争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(寺田逸郎裁判長)は16日、規定は違憲とする初判断を示した。最高裁が法律を違憲と判断したのは戦後10件目。その上で、原告の請求は棄却した。

 大法廷は100日間を超える部分について、違憲だと判断した。

 岡山県内に住む30代女性が平成23年、「再婚禁止期間があるため再婚が遅れ精神的苦痛を受けた」として国に165万円を求めて提訴。1、2審は敗訴した。女性は前夫の家庭内暴力(DV)が原因で20年に離婚。当時、現夫との間の子供を妊娠していたが、離婚後6カ月間、再婚を待たざるを得なかった。

 民法には別に、「離婚後300日以内に生まれた子供の父は前夫」「婚姻後200日後に生まれた子供の父は現夫」とする嫡出推定規定がある。離婚後すぐに再婚を認めると、推定期間が重なるため、女性のみに再婚禁止が課せられた経緯がある。ただ、再婚禁止の原告側は離婚から100日を経ての再婚ならこの「重複」が避けられるため、「推定期間との均衡を考えるなら100日で十分」と訴えてきた。
(中略)




再婚禁止期間はしょうがないよね

どっちの子かでもめるんだから

裁判所はどっちか決めなければならない

だったら判断基準が必要

DNA鑑定があるから禁止期間は必要ないという意見もあるけど

大沢・喜多嶋騒動みたいに女性側がDNA鑑定を認めないという

禁止期間撤廃の根拠をふっ飛ばしてしまった( ゚д゚ )

ある程度の線引はしょうがないね(´・ω・`)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック