Patriot Game 強さの意味
2006年06月02日 (金) | 編集 |
朝鮮新報
「使えるときはこき使って、出すときに出さないのは卑怯」

 京都地裁で、在日同胞高齢者無年金裁判が行われている。原告は玄順任さん(79)ら5人。いずれも70代後半から80代のハルモニたちである。本紙既報のように先月11日の第7回公判で原告たちは、なぜ在日外国人であるがために年金が受けられないのか-訴訟を起こすに至った理由について証言した

▼「私も子どもも孫もみな、税金払っていながら、なぜ年金がもらえへんのやと、そこから(裁判の話が)出ました」「使えるときはこき使って、出すときに出さないのは卑怯」(玄ハルモニ)、「今の豊かな日本の国を共に建設してきた自負はあります。まじめに生きてきました」「どうして私たち韓国、朝鮮籍の人は、生まれた場所が違うからといって、国から差別を受けなければならないのでしょうか」(鄭福芝ハルモニ)

▼民族差別だと一言で片付けてしまうのは簡単だ。しかし、片付けてはならないと思う。人としてこの世に生を受けた者には、すべからく人として生きていく権利があり、その権利を付与、保障していくのが、国家というものの最低かつ最大の役目、責務だからだ

▼さらに日本には、不法にも朝鮮半島を植民地支配した過去がある。在日朝鮮人はその時代、圧制によって故郷を離れざるをえなかったり、強制連行されて日本軍国主義の犠牲になった当事者、そして末裔たちである

▼ハルモニたちの当然の訴えは、裁判官たちにどのように響いたのだろうか。人の子なら、人としての判断が下されると思うが。一方で、われわれとしてのハルモニ支援策も早急に講じるべきだと思う。




>なぜ在日外国人であるがために年金が受けられないのか

年金は日本国民が加入するものです
そして年金保険料をきちんと納めた人がもらえるものです

>私も子どもも孫もみな、税金払っていながら、なぜ年金がもらえへんのやと

税金は水道や警察、消防、救急などの行政サービスを受けるためのものです
年金とは直接関係ありません


>どうして私たち韓国、朝鮮籍の人は、生まれた場所が違うからといって、国から差別を受けなければならないのでしょうか

日本国籍じゃないからです
それに日本はあなた方の国ではありません


>人としてこの世に生を受けた者には、すべからく人として生きていく権利があり、その権利を付与、保障していくのが、国家というものの最低かつ最大の役目、責務だからだ

それを保障するのは日本政府ではなく韓国、北朝鮮政府です


>日本には、不法にも朝鮮半島を植民地支配した過去がある

朝鮮併合は国連にも承認された合法的なものです


>在日朝鮮人はその時代、圧制によって故郷を離れざるをえなかったり、強制連行されて日本軍国主義の犠牲になった当事者、そして末裔たちである

強制連行の事実は存在しないことが既に証明されています
むしろ朝鮮人の入国は制限されていて、密入国者が後を絶ちませんでした

どうして朝鮮人は法律というものを理解できないんでしょうか
はじめっから保険料も払わないでなぜ年金がもらえると思うのか理解不能です
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック