Patriot Game 強さの意味
2015年09月27日 (日) | 編集 |
読売新聞
警戒レベルなぜ「1」だった…遺族、納得できず

 御嶽山の噴火から1年がたち、遺族が今も納得できないのは、気象庁が噴火前に火山性地震を観測しながら、噴火警戒レベルを「1(平常)」に据え置いたことだ。

 読売新聞の取材に応じた遺族18人のうち14人が、同庁の対応に「不備があった」と答えた。

 当時、マグマの動きを示す火山性微動など他の前兆が観測されなかったため、同庁は火山解説情報の発表にとどめて警戒レベルは変えず、地元自治体による入山規制などは行われなかった。登山者の多くは、「異変」を知らないまま入山したとみられ、遺族からはこんな声が寄せられた。

 「『平常』という表現では、誰も危機は感じなかったはず。気象庁には、レベルを上げてほしかった。そうすれば息子たちは死なずにすんだと思う」(25歳で犠牲になった男性の父)




わかってないな(´・ω・`)

地震もそうだが火山がいつ噴火するなんて予知不可能だから

なのに予知できるふりをしてるだけだから

なぜなら予算獲得のため

だから予知なんかしてないだろ

だってわからないんだから

役所ってそんなもんだから早く理解したほうがいいよ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック