Patriot Game 強さの意味
2015年09月09日 (水) | 編集 |
毎日新聞
青酸連続殺人:遺族、繰り返し捜査要請 県警解剖せず

 青酸化合物による連続殺人事件で、筧(かけひ)千佐子被告(68)と交際していた兵庫県伊丹市の男性(当時75歳)が2013年9月に死亡した後、遺族が事件として捜査するよう県警に繰り返し求めていたことが捜査関係者への取材で分かった。しかし、県警は病死と判断して司法解剖をせず、千佐子被告の身辺も詳しく調べなかった。数カ月後、千佐子被告と結婚した筧勇夫さん(当時75歳)=京都府向日市=が青酸で殺害された。

 大阪府警や県警の合同捜査本部は9日午後にも、伊丹市の男性に対する殺人容疑で千佐子被告を再逮捕する。

 捜査関係者によると、千佐子被告は13年9月20日午後、伊丹市内の飲食店で男性にカプセル入りの青酸を飲ませて殺害した疑いが持たれている。千佐子被告が119番通報し、男性は搬送先の病院でその日に死亡した。

 県警は検視したが、男性が以前にがんを患っていたこともあり、死因をがんと判断、事件性はないと結論付けた。司法解剖で毒物の有無も調べなかった。

 しかし、遺族は納得しなかった。男性はがんを治療してほぼ回復していたという。さらに、死亡の約3週間前に、交際を始めて間もない千佐子被告に遺産の譲渡を約束する公正証書遺言が作られ、千佐子被告が遺産の一部を受け取った。

 遺族は県警伊丹署などに「急に倒れて亡くなるのはおかしい。交際して間もない千佐子被告に遺産が渡っている」と不審点をあげ、捜査するよう繰り返し求めたという。しかし、県警は病死という判断を変えなかった。
(中略)




>県警の捜査関係者は「男性には持病もあったため、事件性はないと判断した。不審な点を見抜くことができなかった」と悔やんだ。


正直に言えよ

不審な点は遺族が指摘していたから見抜く必要はなかったわ

面倒臭かったんだろ( ̄ー ̄)

未解決事件を紐解いていくとわかるが

未解決になった主な理由は2つある

一つは初動捜査のミス、もう一つは事件として扱わなかった

変死体が発見された場合、外傷があれば自殺、なければ心不全で処理しがち

で数年後実は事件だったとかよくある

警察は捜査の専門機関ではない

だからメンドクサイことはやりたがらない

警察はただのお役所

ほんと遺族が気の毒です(´;ω;`)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック