Patriot Game 強さの意味
2015年09月02日 (水) | 編集 |
J-CASTニュース
五輪エンブレムの使用中止で損害 テレビCM差し替え、ポスター撤去など企業大慌て

佐野研二郎氏(43)デザインの五輪エンブレムが使用中止となったのは、ネットユーザーが佐野氏の盗用疑惑を追い詰めた成果でもあった。五輪パートナー企業の一部は、すでにエンブレムを使用しており、取り下げに費用が掛かるなど、使用中止にともなう損害も出てきそうだ。

「きたか!」「大勝利w」「よっしゃああああ」。2015年9月1日正午過ぎにNHKのテロップに、五輪エンブレム使用中止方針の速報が流れると、ネット上では、こんな声が次々に上がった。

五輪エンブレム問題は、ネット上の指摘で火が付いた。ベルギーのデザイナーが提訴するまでになったほか、佐野研二郎氏の盗用疑惑が次々に持ち上がり、一部はその事実が分かって外堀も埋められていった。あまりに発覚が多いので、「佐野る」というネット用語まで生まれたほどだ。

佐野氏がエンブレムの応募資料に使った画像もブログなどからの無断転用が指摘され、ついに佐野氏もそれを認めたと報じられた。大会の組織委員会は1日夕に武藤敏郎事務総長が会見し、エンブレムの原案についても酷似したロゴが見つかり、国民の理解を得られないと考えたとして、エンブレムの中止を発表した。佐野氏からは、同じ理由で取り下げの申し出があったという。盗用そのものは認めなかったが、これ以上、傷口を深くしないように手を打った形だ。

とはいえ、これですべてが解決したわけではない。

五輪パートナー企業の一部は、すでにエンブレムを使用している。その後始末をどうするのかも、今後の焦点だ。
(中略)




佐野より重大だと思ったのは組織委員会だ

「誰も責任を取らせるべきではない」とかドヤ顔で言ってたが

こんな無責任な組織にオリンピックができるのか

まるで戦前の軍部みたいだ

利権屋談合業者はこれからもボロを出すで(・ω・)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック