Patriot Game 強さの意味
2015年08月03日 (月) | 編集 |
東洋経済
まさかの「人材不足倒産」がやってくる! 深刻度を増す日本企業の採用難

 どうやって余剰人員をリストラしようか……と頭をひねらなければならなかったのが遠い過去のようです。「人手不足」が多くの会社経営において、影響をきたすようになってきました。

 たとえば、

 「自分がまいた種が、ここまで大変なことになるとは……助けてよ!」

 と頭を抱えるのは、中堅のシステム会社を経営しているD社長。販売管理を中心にカスタマイズや導入支援、アフターサポートまで一連のサービスを提供しています。震災以降は売り上げが下がって苦労する時期が続きました。

 ところが半年前に大手企業から大型の開発案件を受注。「これまでの苦労が報われた」と経営陣は大喜び。ただ、現場は冷めた反応です。

 「会社にマイナスをもたらす受注としか思えない。社長はとんでもないことをやらかしてくれたものだ」

 確かに、現状の人員だけで体制的に足りないのはわかっていたのですが、中途採用で何とかしのげる、だから受注してしまおうと経営側は判断しました。

 実際、これまでは、そうした綱渡りの対応でも人員が確保できてきたのです。もちろん、エンジニア不足の状態は半年前にもありました。ただ、伝家の宝刀を抜けば、簡単に問題は解決したのです。つまり、人材採用系の会社に対する費用の割増を容認する特別キャンペーンを行えばよかったのです。具体的には

 「エンジニアの急募キャンペーンを開催するので、よろしくお願いします」と人材会社に連絡し、

 ・紹介手数料の上乗せ

 ・求人サイトへの大型発注

 など、人材会社の営業担当が大喜びするような依頼をかけるのです。通常よりも売り上げも利益も大幅にアップしますから、

 「ありがとうございます。特別対応で何とかします」

 となり、無事にエンジニアが確保できたでしょう。

 このように、大胆なコストをかけた依頼が、人材サービス業界の相場をインフレ化させる懸念まで出ていました。ただ、それにも限度があったようです。今回のD社長の会社のケースでは、人材会社の担当営業からの反応は悪く、

 「ご依頼に関して、期待にお答えするのは難しいかもしれません」

 との回答がメールで返ってきたそうです。その後も連絡するものの、つれない返信が続きました。中には連絡しても返信が返ってこない営業担当もいたそうです。
(中略)




ウソつけ(´・ω・`)

それなりの給料払えば雇えるわ

アンタが欲しいのは安月給で用済みになればポイできる

奴隷が欲しいだけだろ

アメリカは好景気で年収10万ドルのクレーンオペレーターがいるって聞いた

なんで給料を払わずに働かせようとするのかね

人材が不足すれば給料は上がるのが資本主義

社長さん、ヒトはいるけど奴隷は多くないよ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック