Patriot Game 強さの意味
2015年04月10日 (金) | 編集 |
J-CASTニュース
子どもが起こした事故「親の監督責任なし」と最高裁―判例覆す画期的判断

子どもが起こした事故に親はどこまで監督責任を負うべきか。最高裁はきのう9日(2015年4月)、「監督責任は問えない」という判断を出した。類似の事件では、これまでほぼ例外なく親の責任を問い、ときに巨額の賠償額が認められていた。

事故は2004年に愛媛・今治市で起きた。小学6年生の少年が放課後の校庭でサッカーのフリーキックで蹴ったボールが逸れて道路へ飛んだ。ちょうどバイクで通りかかった85歳の男性が転倒し、足を骨折して寝たきりになり1年4か月後に肺炎で死亡した。

男性の遺族が07年に親に賠償を求めて提訴し、1審、2審とも親の責任を認め、大阪高裁は「校庭はどう遊んでもいいわけではない。親は監督義務を尽くしていない」として1180万円の賠償を命じた。最高裁判決は「校庭の使用方法として通常の行為である。人身に危険が及ぶような行為とはいえない。特別な事情が認められない限り、監督義務を尽くしていなかったとすべきではない」として高裁判決を破棄し、遺族側の請求を退けた。
(中略)

長嶋が熱弁をふるった。「子どもを育てるのは親だけじゃない。学校も友人も、もっというと国家も育ててる。加害者だって悩んでる。故意じゃないんだから。もっと大きな目で見る必要がある。判決賛成」

赤江珠緒「偶発事故は避けられない。被害者を救済する保健とかも必要かも」

羽鳥「加害の少年にとっても辛い日々だったはず」

少年はいま20歳。父親のコメントには「息子はずっと罪の意識を持ちながら思春期、青年期を歩んできました」とあった。

長嶋「誰が悪いっていう問題じゃない。やらなきゃいいっていう話になったら、野球もサッカーも消滅しちゃう。被害者の方には申しわけないが・・・」




もう無理だカズシゲ

「バイクに乗っていた時点でこの男性にも過失がある(キリッ」

そのトンデモ理論は何なんだよヽ(`Д´#)ノ

そんなこと言ったら誰もクルマ運転できなくなるじゃねーか!

大嫌いだったがそれを超えてしまった

俺はカズシ毛の言論を全否定する

コイツの言うことは何も信じない

だからミナに絶縁されるんだよ


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック