Patriot Game 強さの意味
2015年01月31日 (土) | 編集 |
産経ニュース
厚労省不正入札、担当職員2人を書類送検 警視庁、公示前に仕様書…独法に便宜容疑

 厚生労働省の就労支援事業をめぐり不適切な入札があった問題で、落札した独立行政法人「高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)」に入札の公示前に仕様書を示すなどしてJEEDに便宜を図ったとして、警視庁捜査2課は、官製談合防止法違反容疑で厚労省のキャリア官僚2人を書類送検した。

 書類送検されたのは、当時、同省能力開発課の女性企画官(49)と男性課長補佐(48)。2人は「一者応札になっても問題はない」とJEED側に伝え、入札の公示前に委託額などを記した仕様書を示しており、捜査2課はこうしたJEEDに対する便宜が入札の公正を害したと判断した。

 JEEDが落札したのは消費増税前の景気対策として平成25年度補正予算に計上された「短期集中特別訓練事業」。職業訓練の受講者に給付金を支給し、訓練機関にも奨励金を支払うことで失業者らの支援する仕組みだった。入札には最終的にJEEDしか参加しなかった。

 事業をめぐっては、2人が公示前の25年12月、JEEDに「受託してほしい」と依頼。公示前日の26年2月17日にも厚労省側が約20億円の委託額を明記した仕様書案を事前に提示し、当初公示した参加要件をJEEDが参加できる要件に変えて同月19日に公示し直していたことが厚労省の調査で判明している。

 厚労省は「信用失墜行為にあたる」として2人を処分する一方、「JEEDのみを有利とした行為ではない」などとして、同法違反罪での刑事告発は見送っていた。

 市民団体が2人の行為は同法違反罪にあたるとして同年6月、警視庁に告発。捜査2課が受理し、同容疑で2人の立件に向けて捜査を進めていた。




やっぱりおいしいよな

官製談合してもクビにならず今も普通に働いてて

ムショに行ったとしても出ればまた厚労省で働ける

そりゃやめられんわな

これが特権階級か( ゚д゚)

社会のルールは頭のいい奴が自分たちに都合のいいようにつくっている

そのとおりでした桜木先生(´・ω・`)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック