Patriot Game 強さの意味
2015年01月04日 (日) | 編集 |
レコードチャイナ
日本の国産戦闘機・心神が初飛行へ、中国のネットユーザーからは「風船のおもちゃ?」「100メートルくらいは飛べそうだ」とあざ笑う声

2014年12月30日、新浪軍事は、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、日本の国産ステルス戦闘機・心神の初飛行テストが、2015年1月中旬にも行われる見通しであることを伝えた。

新浪軍事は、「日本が戦後初めて開発した国産戦闘機の試験機・心神が、15年1月中旬に初飛行を行う予定だ。その後、飛行テストを繰り返し、2018年には実用化の可否を判断するという。日本は15年度に412億円をつぎ込んで開発を加速させるが、これは09年から14年までの予算を上回る数字だ」と伝えた。

このニュースに対して中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられた。

「これって風船のおもちゃじゃないの?」
「これはスゴイ飛行機だ!きっと100メートルくらいは飛べるよ!」
「412億円でなにができるのだ?模型を作ること?」

「ハハハ!経済が悪いのにこんなに資金を投入するなんて、また同じ轍(てつ)を踏むのではないのか?」
「小鬼子(日本人に対する蔑称)の経済力で果たして支えきれるのだろうか?」
「超ウケるんだけど。F-35を買った方が安いんじゃないのか?」

「軽すぎだな。殲-31にも及ばないよ」
「2018年には殲-20が配備されるだろうからな。日本は待ちきれないのだろう。でもF-35を買えるからいいのではないか?」
「日本の科学技術をもってすれば可能だ」
「次のパールハーバー襲撃のための技術的な準備ということですね」



心神は戦闘機じゃないんだ(´・ω・`)

あれはただの実証機

心神をテストしてそこで得られたデータをもとに戦闘機を設計するんだよ

なぜそんなことをするかというと次期戦闘機F-35の次の見通しが全くないからだ

F-35を買えとか言うバカはほっといて今から開発しなきゃ

将来戦闘機がなくなるおそれがあるんだよ

日本は中国と違ってパクリはやらないからね(・ω・)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック