Patriot Game 強さの意味
2014年11月13日 (木) | 編集 |
福島民報
【指定廃棄物問題】なぜ、福島集約なのか

 東京電力福島第一原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場建設をめぐり、廃棄物を本県に集めて処分する「福島集約論」がくすぶっている。建設候補地を抱える栃木県塩谷町の町長は今月に入り、指定廃棄物は福島第一原発周辺で集約・処分すべきと提案した。同じ被災県にもかかわらず、なぜ、分断を助長するような言動がなされるのか。ため息が出る。

 原発事故に伴って発生した放射性セシウム濃度が1キロ当たり8000ベクレルを超える指定廃棄物は本県をはじめ12都県で合わせて14万6000トンに上る。政府は平成23年11月に発生都県ごとに処理する基本方針を閣議決定した。宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の5県には国がそれぞれ最終処分場を新設する計画になっているが、地元の反発などで思うように進んでいないのが現状だ。

 宮城県は今夏、候補地絞り込みに向けた国の詳細調査の受け入れを表明した。候補地を抱える3市町とも建設に反対しており、首長の一人は「東京電力原発(の敷地)に保管するしかない」と述べ、県外で処分するよう主張した。関係者からは国の方針を変更し、本県での処分を求める声が上がっているという。栃木県の首長も含め、それぞれ事情があるとしても、少し冷静に考えてみてほしい。
(中略)




しょうがねえだろ(´・ω・`)

福島県はリスクを取って原子力のゲームに参加したんだから

そうして今まで金をもらってきたんだろ

放射能のリスクを取ることでもらえた金だ

なら放射能のリスクをかぶってもらうのがルールだ

金はもらうけど廃棄物はよそが引き受けろじゃ話にならん

そりゃ事故なんか絶対にないと言われたんだろうが決めたのは自分だろ

福島第一はすでに汚染された

だったら福島第一周辺に集約すべき

汚染を拡散させてどうすんだ(# ゚Д゚)

参加するゲームを選ぶことはできる

しかしゲームのルールを変えることはできない

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック