Patriot Game 強さの意味
2014年11月01日 (土) | 編集 |
財経新聞
超小型モビリティは普及するか 国交省も導入支援へ

 今、新たなカテゴリーの乗り物として超小型モビリティが密かに注目を集めつつある。日本社会の少子高齢化が進み、車のドライバーにも例外無く高齢化の波が迫る中、主に短距離の移動手段として超小型モビリティの導入効果が期待されているのだ。

 超小型モビリティとは軽自動車よりも更にコンパクト電気自動車で、1人から2人程度が乗車出来る。取り回しのし易さから安全性も高く、高齢者の外出支援や送迎の支援にも繋がるとみられる。

 エネルギー消費量は通常の自動車の約6分の1。普通車サイズの電気自動車と比べても半分程度だ。普及すれば産業界が頭を悩ましているCO2削減にも大きく寄与することになる。事実、政府の日本再生戦略において超小型モビリティを含む次世代自動車は「先導的中核プロジェクト」の一つに指定されている。
(中略)




日本に限って言えば普及は困難

法律とコストが問題になる

そもそも車検がある時点で軽を買った方がマシ

それよりもトリシティのようなトライクを発展させたほうがいい

でも駐輪場がない等、行政はバイクを普及させない政策を取ってるからこれもむずかしい

むかしミニカーが普及するかと思われたけど国につぶされた(光岡・・・(´;ω;`) )

このオモチャもセグウェイのような限定的な使い方しかできないと思う

観光地のレンタカーみたいなね(・ω・)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック