Patriot Game 強さの意味
2014年10月01日 (水) | 編集 |
ライフハッカー
コーヒーを飲むと気分がすっきりするのは「禁断症状が和らいでいるだけ」という説

カフェインに中毒性があることはすでにご存知でしょう。しかし、それが体に及ぼす生理的影響について考えると、少し不安になってくるかもしれません。

感情知性テストとトレーニング会社である「TalentSmart」の共同創立者Travis Bradberry氏は、なぜ毎日コーヒーを飲む習慣が生産性に悪影響を与えるのかについて、LinkedInに投稿しています。

Bradberry氏は、1杯のコーヒーを飲んで得られる心地良い感覚やエネルギーの高まりは、カフェインの禁断症状を一時的に和らげている状態に過ぎないと示すJohns Hopkins Medical Schoolの研究を挙げています。

言い換えると、コーヒーを飲んだ後に得られる短時間の幸せな状態は、カフェインを習慣的に取っていない人が、常に感じている状態なのです。コーヒーを飲む人は、その状態が続かないという点が違うのです。

「カフェインが切れると、認識的な活動を低下させ、気分にネガティブな影響を与えます。通常の状態に戻すために、カフェインを飲むことで新たな高みに連れて行ってもらっている気になる、それしかなくなるのです」とBradberry氏は説明します。「実際には、カフェインはその人の行動を短時間、通常の状態へ戻しているだけなのです」。
(中略)




やかましわ!(# ゚Д゚)

飲むに決まってるだろ

コーヒーを飲む人生と飲まない人生なら飲む方を選ぶ

テメエは水だけ飲んでろヽ(`Д´)ノ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック