Patriot Game 強さの意味
2014年09月11日 (木) | 編集 |
サンスポ
【記者の目】いじめを指導者・学校が把握できていなかった事実は重い

 高校野球には光と影がある。有力校には、甲子園で輝く部員がいる一方で、夢破れてスタンドから見つめる部員もいる。昨春のセンバツで準優勝し、エース安楽の存在で全国的に注目された済美高の影は暗すぎた。

 常習的ないじめを、指導者・学校が全く把握できていなかった事実は重い。残留組を指導するコーチらが一人もいなかったことは、選手を見捨てたに等しい。ある有力校の監督は「部員と毎日会話を交わそうとしているが、1日30人が限度」という。90人部員がいれば、3人以上の指導者が必要ということだ。

 済美はもともと、退部する生徒が多いと聞く。処分の対象とならない小さな不祥事もあったという。「来る者は拒まず、去る者は追わず」といえば聞こえがいいが、技術指導ばかりで、臭い物にふたをする体質だったのではないか。

 いじめの被害者である1年生も、来秋まで対外試合の機会を奪われる。過去には処分が軽減された例もあり、個人的には被害者を救済してほしい。それでも、学校と野球部の体質改善が第一だろう。




しようがねえだろ

高校野球はビジネスだ(´・ω・`)

生徒をこき使って大人が儲ける

金の成る木に群がっても1円も生み出さんクズは知ったこっちゃねえよな( ̄ー ̄)

生徒も親も夢見るのは勝手だが金の問題ということを覚えとけ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック