Patriot Game 強さの意味
2014年08月15日 (金) | 編集 |
読売新聞
首相、今年も加害責任に触れず…戦没者追悼式

 69回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が、東京都千代田区の日本武道館で開かれた。

 天皇、皇后両陛下をお迎えして、戦没者の遺族や安倍首相ら各界の代表者など計約6000人が参列し、犠牲になった約310万人を追悼した。

 式は正午前から始まり、天皇、皇后両陛下をお迎えした後、国歌を斉唱した。安倍首相は「戦没者の貴い犠牲の上に、私たちが享受する平和と繁栄がある。歴史に謙虚に向き合い、その教訓を深く胸に刻みながら、国の未来を切りひらく」と式辞を述べた。多くの首相が言及してきたアジア諸国への加害責任については、昨年に続き、今年も触れなかった。

 正午の時報に合わせて、参列者全員で1分間黙とうした後、天皇陛下が「かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります」と述べられた。




お前は何を言ってるんだ

加害責任てなんだよ

国家間の問題は条約によって解決する

戦後日本は法に則って外交で問題を解決した

そうだ、法的に解決済みなんだ

なのに読売新聞は謝罪し続けろというのか

だったら講和条約破棄運動でもやってろ!

よかったな朝日新聞

友だちができたよ(`・ω・´)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
千代田区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2014/08/16(Sat) 08:45:09 |  ケノーベル エージェント