Patriot Game 強さの意味
2014年07月06日 (日) | 編集 |
サーチナ
われらの「スパコン」は高性能だが・・・「運用コスト高く、使えるソフト少ない」

 世界のスーパーコンピュータランキングで1年半にわたって1位の座を守り続けている中国のスーパーコンピュータ「天河2号」について、中国メディアの「PConline」は2日、「運用コストが高すぎることが短所」と報じた。

 記事は、「天河2号の計算速度は1秒当たり3京3862兆回に達し、しばらくは天河2号に匹敵するスーパーコンピュータは現れないだろう」としながらも、天河2号は運用コストが高く、利用率も低いと論じた。

 「天河2号」は中国人民解放軍国防科学技術大学が25億元(約410億円)を投下して開発したスーパーコンピュータで、2014年4月に運用を開始して以来、120社ほどにサービスを提供しているという。

 記事は、「天河2号の計算能力は世界一だが、グラフ解析や電力性能においては優れていない点については注意が必要」とし、ある研究員の言葉として「天河2号は運用コストが高い」と伝えた。

 さらに「天河2号」を運用するにあたっての1日あたりの電力コストが40-60万元(約655万円-982万円)に達することを紹介、また「天河2号に対して投下された資金はスーパーコンピュータそのものの開発に使われたため、研究に活用できるソフトウェアの数が少なく、顧客は天河2号を使用するにあたって自らプログラムを組なければならない状況だ」と伝えた。




(`ω´)グフフ、効いてる効いてる

過度な経済的負担がかかり続けるのはいいことだ

空母だったりとか

この調子でどんどんやってくれ

ソ連が崩壊したのも連邦を維持するコストを賄いきれなくなったからだしね

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック