Patriot Game 強さの意味
2014年05月20日 (火) | 編集 |
MSN
ASKA、研ナオコ、長渕剛etc... 元警察関係者に聞いた、芸能人が薬物に手を出す理由

 CHAGE&ASKAのASKAが覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された。

 テリー伊藤をはじめ、親交のあった関係者たちが「真面目な男」と評するASKAが、なぜ、薬物に手を出してしまったのか? また、芸能人の薬物関連での逮捕が後を絶たないのだろうか? 元警察関係者に話を聞いた。

「芸能人が薬物に手を出す理由を、『浮き沈みが激しい業界だから』と分析する評論家が多くいますが、芸能界だけが過酷じゃないですよね。芸能界に使用者が多いのは、バレた時のリスクが少ないからです。たとえば、会社員やスポーツ選手が薬物で逮捕されたとします。復帰は困窮を極めますよね? でも、芸能界は比較的簡単に復帰できる。なので、『バレても死ぬわけじゃないから、一度くらいやってみなよ』と誘惑しやすいし、誘いにも乗りやすい」

 確かに現在、活躍している芸能人の中にも薬物関連で逮捕歴のある人間は存在する。

 1977年の研ナオコ、井上陽水、にしきのあきら、岩城滉一、らの逮捕を皮切りに1984年に美川憲一、1995年に長渕剛、1999年に槇原敬之、2001年にはいしだ壱成が逮捕されている。
(中略)




芋づる式に摘発かとか言われてるけどそうはならんだろうな

酒井事件の時も押尾事件の時もすぐに終わった

警察も大物を逮捕して満足してるだろうし

そうやって芸能界麻薬ネットワークを温存してきた

いわば持ちつ持たれつ

誰も一掃しようとは思わないんだよね(´・ω・`)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック