Patriot Game 強さの意味
2014年02月15日 (土) | 編集 |
BBCワールドニュース
日中間の戦争の傷が未だ癒えない理由

尖閣諸島問題をきっかけに、中国では定期的に反日デモが繰り広げられました。両国間の緊張は第二次世界大戦にさかのぼります。BBCの大井真理子が、中国人記者と共に両国を訪れ、戦争の傷がいまだに癒えない理由を取材しました。

「戦時中に日本が中国に対して行ったことに、あなたは罪悪感を持っていますか?」
これは、中国国営テレビ中国中央電子台(CCTV)の元記者である劉海寧と日本に取材に行った時、私が一度となく通訳しなければならなかった質問です。

彼女が質問した日本人は、最も高齢の人でも終戦時の1945年には子どもだったでしょう。

「申し訳ないとは思っている」と、ある男性は答えました。「悔やまれるできごとはたくさんありました」と別の人は答えました。

「でも、私が残念に思うだけではあなたは不満かもしれませんね」と、インタビューを受けた日本人の一人が聞き返しました。日本の歴史教育は、日本軍が行った残虐行為を誇張して教えていると主張する愛国主義者です。「ええ。足りません」と彼女は答えました。

日中間の戦争の歴史の中で、異議を挟む余地のない事実はあります。日本は1931年に中国北部の満州を占領し、1937年に全面戦争となりました。1945年に日本が降伏するまでに何百万人もの中国人が亡くなりました。

最も悪名高い事件は、当時政権を握っていた中国国民党が首都にしていた南京で起きました。また、残虐行為は他のアジア諸国でも行われました。
(中略)



>1945年に日本が降伏するまでに何百万人もの中国人が亡くなりました


だから前提がおかしいんだよ

なんで欧米人は算数もできないんだ

南京虐殺も物理的に不可能だから

日本兵を最も多く殺したのはなんだと思う

飢餓と病気だ

つまりどうゆうことか

物資が少なかったということ

日本の貧弱な装備、少ない弾薬でそんな大量殺戮は無理なんだよ

そんだけ殺せれば戦争に負けてないわ(# ゚Д゚)

中国人ならともかく

欧米人は算数をもう一回勉強しなおせ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック