Patriot Game 強さの意味
2013年10月30日 (水) | 編集 |
産経ニュース
被爆手帳の交付認めず 韓国女性の請求に長崎地裁「記録と矛盾」

 長崎原爆で被爆したが、証人がいないため被爆者健康手帳の申請を却下されたのは違法として、韓国人の郭豊子さん(74)=韓国・釜山在住=が長崎市の却下処分取り消しと手帳交付を求めた訴訟の判決で、長崎地裁(井田宏裁判長)は29日、訴えを退けた。判決理由で井田裁判長は「原告側が被爆した場所と主張する借家には当時、別の家族が住んでいたとの記録があり矛盾する」と指摘した。

 訴状によると、6歳だった郭さんは疎開先の長崎市浜平町(当時)で、姉=昨年86歳で死去=と被爆。平成16年以降、姉妹で市に手帳交付を繰り返し申請したが、却下された。

 厚生労働省によると、手帳交付には家族を除く第三者の2人以上の証言が必要だが、ない場合でも例外的に交付されることがある。郭さんは法廷で「家の庭の池で遊んでいたら強い爆風で倒れた。今も傷痕が残っている」と述べた。原告側は「証言は具体的で、被爆の事実は間違いない」と主張していた。




バカじゃねえの

なんで大阪に行かなかった?

二度と来んな(# ゚Д゚)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック