Patriot Game 強さの意味
2013年06月29日 (土) | 編集 |
京都新聞
社説:中韓首脳会談  日本の態度が試される

 韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が就任後初めて中国を訪問し、習近平国家主席と会談した。
 韓国の歴代大統領が、日本より先に中国を訪問するのは異例だ。日米を上回る最大の貿易相手国である中国を、朴政権がいかに重視しているかの表れといえよう。
 両首脳は朝鮮半島の非核化実現に努力する一方、6カ国協議の早期再開を目指すことで合意した。
 中国の金融制裁もあって最近、強硬一辺倒だった北朝鮮の姿勢に軟化がうかがえる。この変化を緊張緩和につなげたい。北朝鮮の後ろ盾である中国と米韓同盟を結ぶ韓国が連携を鮮明に打ち出したことに北朝鮮がどう反応するか、まずは注目したい。
 気になるのは、韓国と日本の距離感の広がりだ。
 日本を念頭に「歴史問題で(東アジア)域内国家の対立と不信が深まっている」との文言が共同声明に盛り込まれた。韓国がこの問題で妥協せず、中国と共闘する姿勢をはっきり示したといえる。
 両国はまた、自由貿易協定(FTA)交渉を促進し、情報通信、金融、エネルギーなど幅広い経済分野で交流を強化することで合意した。安全保障分野でも、高官レベルの交流を強めるという。
 日本は日米韓3カ国の結束を東アジア外交の基礎としてきた。それだけに、韓国の中国シフトは日本の「孤立化」を印象付ける。
(中略)




( ゚∀゚)アハハハハハ!

知るかボケ

ウジ虫同盟に興味ないわ

まさに脱亜論

日本は前進あるのみ(`・ω・´)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック