Patriot Game 強さの意味
2013年05月20日 (月) | 編集 |
毎日新聞
維新・西村議員:ネットで「韓国人慰安婦 今も多い」

 韓国人に対する問題発言で日本維新の会を除籍(除名)される見通しの西村真悟衆院議員(64)=比例近畿=が、自らのホームページでも「韓国人慰安婦は、今も大勢日本に来ている。輸出しているのかと思うほどだ」などと書き込んでいたことが分かった。維新は松井一郎幹事長(大阪府知事)が議員辞職を求めている。しかし、従軍慰安婦を巡る発言で批判を浴びる橋下徹共同代表(大阪市長)も党の擁立責任を認めざるを得ず、党の混乱は増幅している。

 西村氏は17日の党代議士会で、「日本には韓国人の売春婦がうようよいる」と発言。同僚議員から問題視されて直後に撤回した。

 西村氏は同日のブログでも、橋下氏の一連の発言を「事実を言ったものであり、当たり前の発言だ。騒ぐほうがおかしい」と擁護。その上で「韓国は、慰安婦を輸出しているのかと思うほどだ。東京、大阪の繁華街を夜歩いたら分かる。豊かになった韓国においても慰安婦を輸出してくる。貧しかったころはどれだけ輸出していたのか」と、代議士会での発言と同趣旨の持論を展開した。
(中略)



これ事実なんだけどね(´・ω・`)



ZAKZAK
「日本はニューハーフに優しい」女装で性的サービスの韓国人 意外なお国事情とは

 観光ビザで来日したものの、夜な夜な街角に立って男性に性的サービスを提供する-。このような行為を繰り返していた韓国人の男4人が、入管難民法違反(資格外活動)容疑で神奈川県警に逮捕された。「日本はニューハーフに優しい」。逮捕された4人のうち1人はそう供述しているという。男性に性的サービスを行った外国人の男を資格外活動違反で摘発するのは全国初。彼らが海を渡ってきた背景には何があったのか。

 ■「実は私、“男”だけど、いい?」

 夜の帳(とばり)がおりた横浜市中区の繁華街。その一角で、かつらをかぶり、スカートをはき、化粧をした韓国人の男5~6人が、100メートルほどの範囲にポツポツと立っている。

 通行人の男性に声をかけて相手が応じると、近くのマンションの一室に誘い込む。目的は性的サービスの提供だ。

 客の多くは日本人。インターネット上でも話題になっていたといい、客は県内だけでなく、関東一円からも訪れる。

 しかし、中には男と気付かずに誘われるままマンションの一室まで行き、「実は私、“男”だけど、いい?」と聞かれるケースもあったという。

 「男と気付かずにびっくりしました」「安くてきれい」。客の声もさまざまだ。

 コースはサービスの中身によって、5千円か1万4千円かの2種類。1人につき、一晩に5~15人の客を取り、売り上げは月に100~200万円あったとみられる。
(中略)




女だけじゃなく男までも来てるんだけど

なのに見て見ぬふりすんの?

現実を受け入れんアンポンタンな大衆はどうしようもないが

政治家やマスコミは狂ってる(ー_ー;)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
横浜市中区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
2013/05/21(Tue) 09:04:22 |  ケノーベル エージェント