Patriot Game 強さの意味
2013年05月10日 (金) | 編集 |
毎日新聞
円相場:燃料、食料、輸入価格高騰…急激な円安で負の面も

 外国為替市場で約4年ぶりとなる節目の1ドル=100円台をつけたことは、円高などの「六重苦」に苦しんだ自動車のような輸出産業の業績改善を後押ししそうだ。しかし、円安には輸入物価が上昇する負の側面があることも見逃せず、一段の円安が進むことで、国民負担が増える懸念もある。

 円安は、自動車など輸出産業には追い風だ。ドルやユーロ建ての価格を安くできれば価格競争力が高まる上、ドルなどで稼いだ利益を円に交換する条件が改善するため、利益も増える。実際、トヨタ自動車が8日発表した2013年3月期連結決算は、円安を背景に5期ぶりに営業利益が1兆円を超えた。最近の株高も、円安による輸出関連企業の業績改善期待を反映したものだ。下請け企業などを含めて裾野が広い自動車産業などの収益が回復すれば、設備投資や雇用、賃金も改善し、日本の景気を底上げする可能性がある。

 ただ、喜んでばかりもいられない。エネルギーや食料を輸入に頼る日本にとって、円安で輸入する燃料や穀物の価格が上昇することの影響は大きい。東日本大震災後に国内の原発の停止が長期化していることも、代替となる火力発電の燃料輸入を大幅に膨らませ、影響を拡大させている。

 12年度の原油や液化天然ガスなど鉱物性燃料の輸入額は24・6兆円に膨らみ、09年度の15・2兆円から大幅に増加。電気料金値上げなどの形で国民に跳ね返っている。円安と原料価格上昇のダブルパンチのなか、食用油が値上げされたほか、今後もマヨネーズや小麦粉の値上げが予定されている。
(中略)




待たんかい

今まであれだけ円高タイヘンダーとか言ってた

エコノミストやマスコミはどこに行った

お前らにすれば今はウハウハなはずだろ

いなくなるってどう言うことだよ

オレは円高肯定派だったからずっと言うとったわ

円安になったら食料やエネルギーを輸入に頼ってるの大丈夫なのかと

自国通貨の価値がなくなるのはおそろしいよ(ー_ー;)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック