Patriot Game 強さの意味
2013年03月05日 (火) | 編集 |
J-CASTニュース
「最初の容疑では処分保留」に驚き 遠隔操作事件、証拠収集が進んでいない?

  遠隔操作ウイルス事件で再逮捕された片山祐輔容疑者(30)が、最初の容疑では処分保留で起訴されず、ネット上で驚きが広がっている。警察や検察は、有罪に足る証拠を得られていないのか。

警視庁などは2013年3月3日、誤認逮捕した事件について、初めて強制捜査に乗り出した。
検察「一層の慎重な捜査が必要と考えた」


落合弁護士もツイート

ハイジャック防止法違反などの疑いで片山祐輔容疑者を再逮捕したのがそれだ。この事件では、日本航空に爆破予告メールを送ったりするなどしたとしている。

その証拠は何なのか、はっきりしない部分が多い。ただ、米FBIの捜査で、片山容疑者の会社のパソコンからウイルスの痕跡が見つかったなどと報じられている。

一方で、東京地検はこの日、愛知県の会社のパソコンから殺人予告があった事件では、片山容疑者を処分保留とした。報道によると、その理由については、「一連の事件の特殊性に鑑み、なお一層の慎重な捜査が必要と考えた」と説明している。

江の島の猫にマイクロSDカードを付けた首輪を着けたかについては、その場面の防犯カメラ映像があるかは分かっていない。NHKなどの報道では、片山容疑者がバイクで江の島に行ったときが首輪を着けた時間と同じなどの状況証拠が上がっているだけだ。

弁護人を務める佐藤博史弁護士は、こうした観点から、片山容疑者のえん罪を確信している様子だ。処分保留を受けて、記者団に「現時点では起訴できる証拠はない、ということ。検察は正しい判断に一歩近づいた」と明かした。
(中略)




マスゴミ冷や汗かいてるんじゃねえの

警察とグルになって盗撮までしてキャンペーンしたからな

その証拠に再逮捕されたニュースはあまりしていない

詳しいことが知りたかったのにテレビではわからなかった

終わったことにしようとしている

報道しない自由を行使しても

ケイゾク中という事実は変わらないけどね( ^ω^ )

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック