Patriot Game 強さの意味
2012年08月25日 (土) | 編集 |
毎日新聞
社説:日韓摩擦 頭を冷やして考えよう

 日本の首相が署名した親書を韓国政府が突き返す。それを持参した韓国の外交官を日本が外務省の正門で門前払いする。成熟した国家同士とはとても思えない、子どもじみた応酬があった。まるでタガがはずれてしまったような日韓摩擦のエスカレートを強く憂慮する。

 親書を返送するという、著しく外交儀礼を欠いた韓国側の対応には驚く。李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸、天皇陛下に対する謝罪要求に続く、行き過ぎた振る舞いだ。このようにぶしつけな対日姿勢を、いつまで続けるつもりなのだろうか。

 政府は、相手側の非礼に合わせて建設的ではないやりとりを続けるより、一定の良識を踏まえた対応で国際社会に日本の主張と姿勢を理解してもらう方が、賢明というものだ。その意味で、「外交の品位」を考えて返送親書を受けとることにしたのは、妥当な判断だと考える。首相親書の発出という形で、日本が竹島問題で譲れない一線があることを世界にもアピールできた。
(中略)




韓国は頭を冷やさない

今までは日本が折れることで沈静化してきた

日韓両国のいらだちと戸惑いが目に浮かぶ


ノダ「今まであんなに売国したのになんでそんな事するの?」

アキヒロ「何怒ってんだよ、今までどおり売国しろよ」


どうせアキヒロは後1年の命

のんびり見物させてもらおう

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック