Patriot Game 強さの意味
2012年03月11日 (日) | 編集 |
ガジェット通信
あの災厄から一年……首都に迫る危機に私たちができることとは?

東日本大震災……あれからもうすぐ1年が経とうとしているのに、まるで昨日のように鮮明にその記憶を思い出すことができる。

それだけ、人々の心に深い傷跡を残した大きな災厄だった。もうあんな思いはしたくない……と誰もが思うなか、災厄はまだ終わってはいなかった。首都の真下に、大きなナマズが眠っているというのだ。そう、首都直下型地震である。

敵を知り 己を知れば 地震危うからず

東日本大震災で発生した震度7。それと同じ規模の地震が、首都に襲いかかろうとしている。
何かあったときのお守りにと防災グッズを買ったり、家具を固定したりと、地震に備えている人も見受けられる。
しかし、それより何かもっと大事なことがあるんじゃないだろうか。

地震に限らず、1人1人の環境によって起きる災害や被害は変化する。
まずは地震を知ること。地震によって何が起こるのかを知ること。そうすることで、少しずつわかってくるはずだ。

「大切な人を守るために、自分は何をすればいいのか」
(中略)




今回の東日本大震災でわかったことは

地震予知は不可能、そして日本ではいつどこでも地震は起こり得るということ

阪神大震災や東日本大震災を予知出来なかったヤツらの言うことを聞く耳などもたん

我々はその時被害が少なくなるように淡々と対策していくしかない

いつどこに来るかわからないんだから

「首都直下型地震」が問題なのではない

煽るだけのマスコミはクソだな

ね、ミ○ネさん

首都直下型地震が来るとか言ってるヤツに聞きたいんだけど

東海地震はどうなってんの(´・ω・`)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック