Patriot Game 強さの意味
2011年12月08日 (木) | 編集 |
産経新聞
細野環境相演説に批判相次ぐ

国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(COP17)で7日、京都議定書の延長に応じない立場を表明した細野豪志環境相は、議定書に代わる枠組みづくりに向けた作業部会設置を求めた。ただ、発展途上国からは「議定書を葬るな」との声も上がった。

 細野環境相は将来的な法的拘束力のある枠組みについて、「2020(平成32)年を待たずにできるだけ早急に成立させる必要がある」と強調。そのための議論の場として、COP17で「新たな作業部会を設立すべきだ」と求めた。

 日本と同様に議定書延長を拒否するカナダのケント環境相も、「われわれにとって、『京都』は過去のものだ」と発言した。

 細野氏は、干魃(かんばつ)や海面上昇の危機にさらされているアフリカ各国や島嶼(とうしょ)国などに対し、12年までに150億ドルの資金援助を行うことを約束。13年以降も「切れ目ない支援が実施されることが重要」として、京都議定書延長に反対しながらも地球温暖化問題への対応に尽力する姿勢を示した。

 しかし、「議定書をアフリカの地で葬るようなことがあってはならない」(島嶼国コモロ)、「海面上昇で国土を失う危機にある」(マーシャル諸島)、「われわれはもう待てない」(ツバル)と、先進国の削減努力を求める意見が相次いだ。

 細野氏はこのほか、現行の京都議定書で公約している08~12年に排出量を1990年比6%削減する目標に関し、「原発の停止で、厳しいものになったが、不可能ではないと考えている」と語った。

 一方、新たな枠組みの特別作業部会の議長が7日、新たな交渉文書を各国に示したが、先進国と途上国の主張を列挙して大きな歩み寄りはみられず、非公式の閣僚級協議で妥協点を探る。




日本だけがバカを見る京都議定書などいらん

やるなら日本と関係ない所でやってくれ

どっちにしても人為的CO2の排出は減らんだろ

温暖化しているとしてその原因が人為的CO2ということになれば

温暖化を止めることはできない

そりゃそうだろ

中国やインドやアフリカで消費するエネルギーは増え続ける

結果、CO2排出も増え続ける

地球にとっては何も変わらん

俺はコーラが販売禁止になったら本気だすわ

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック