Patriot Game 強さの意味
2011年11月19日 (土) | 編集 |
東京新聞
タイ洪水 創意工夫で乗り切る

 【バンコク=共同】冠水地域でも走れる小型三輪タクシー「トゥクトゥク」や、水上の新たな交通手段として登場した発泡スチロール製ボート。大洪水が長期化する中、タイでは過酷な状況に対応するため創意工夫をこらした「新製品」が続々と誕生している。

 観光客が多い中部アユタヤ県には、前輪と車体を結ぶパイプを従来品よりも長くしたトゥクトゥクが走る。運転するワンチャイ・プンリットさん(45)が自力で改造。「膝くらいまで冠水していても運転できる。おかげで今でも仕事が続けられるよ」と満足顔だ。

 多くの地域が冠水しているバンコク西部では、分厚い発泡スチロールにモーターを付けた簡易ボートが登場。身近な乗り物として地元の人に利用されている。

 このほか、空のペットボトルをつなげて作ったボートなども相次ぎ誕生。タイ政府は、庶民の知恵で生まれた新製品のアイデアを公募し、優れたものは洪水対策に利用できるよう作り方を公開することを検討しているという。地元記者は「(洪水は)毎年のように起きており慣れっこ。生活を維持するために知恵を絞ってうまく付き合おうとしている」と話している。




日本のバイクメーカーも工夫してほしい
国内の販売台数が減ってるなら今までにない製品を出すべき

例えば俺が欲しいのはトライク

中型自動車免許なんで原付以外のバイクには乗れない

だから自動車免許でも乗れるバイク「トライク」を出して欲しい

今は改造がほとんどだけどイタリアのピアジオのようなメーカーが出してる例もある

日本は世界最強バイク帝国なのにその日本で廃れるのはもったいない

バイクメーカーはアジアのバイタリティーを見習え

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック