Patriot Game 強さの意味
2011年08月08日 (月) | 編集 |
ハリウッドチャンネル
映画製作会社が「ブレードランナー」権利獲得、前章編&続編製作がいよいよ現実的に

 近未来を舞台にしたSFサスペンス「ブレードランナー」(82)のフランチャイズ権利取得に乗り出していた映画製作会社アルコン・エンターテインメントが、その権利を獲得していたことがわかった。

 アルコン・エンターテイメントは今夏、「ブレードランナー」の権利を獲得したことを発表したが、基本的には、これによって登場キャラクターや内容などを好きに扱うことができるようになった。

「ブレードランナー」主演のハリソン・フォードは、ダニエル・クレイグと共演した新作「カウボーイ&エイリアン」(10月22日公開)のプロモーション時に受けたエンタメサイトOmeleteのインタビューに、「彼ら(アルコン・エンターテインメント)が、オリジナルを呼び覚ますに相応しい新たな素晴らしいアイディアと熱意を持っているとすれば、企画は成功するだろう」と応えている。

 フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を原作に、リドリー・スコットがメガホンを取った「ブレードランナー」は、近未来を描いたSF映画の金字塔として、今なおカルト的人気を誇っている。




違う!2つ2つで4つだ

スターウォーズを見たらわかる

あの街のジメジメ感はCGでは出せない

やめといたほうがいい

けどちょっと楽しみ

それとうどんも

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック