Patriot Game 強さの意味
2011年01月19日 (水) | 編集 |
ZAKZAK
ここは中国か!? 阿久根で“パクリ壁画”増殖チュウ

 出直し市長選で揺れた鹿児島県阿久根市。竹原信一前市長(51)が僅差で破れ、反竹原派の新市長が誕生するなどドタバタ続きの同市で、ちょっとした騒動が起きている。市の主導で消防署などの壁に描かれた絵画に著作権侵害の疑いが浮上しているのだ。

 問題の絵画は、同市の依頼を受けたエアブラシ画家(スプレー画家)の第一人者、清田定男氏(71)が担当。昨春から消防署や漁港の防波堤、商店街などに描かれるようになった。消防署の壁画は昨年末に完成。消防署長と市総務課長の合意の下、制作された。

 「スプレー画は(閉めきった店舗が連なる)街を元気づけようと、市が400万円規模の予算で、40以上の空き店舗のシャッターを対象に始めました。その後、市庁舎や防波堤、昨年末には消防署まで広がりました」(市関係者)。一部の市民からは反対の声が上がるが、「子供たちにはおおむね好評」という。

 だが、消防署に描かれた絵に人気アニメ、ポケットモンスターのピカチュウやスヌーピーなど有名キャラクターを模写したとみられる作品が含まれていたのだ。

 夕刊フジの取材に清田氏は、「これまで(著作権について)指摘を受けたことはない。著作権については私も経験上よく把握しているが、阿久根の仕事ははほぼ手弁当で、絵自体が営利目的でない以上、問題はないという認識です」と話す。

 ただ、ピカチュウの版権を管理するポケモン(東京)は「現在調査中」とし、スヌーピーのソニー・クリエイティブプロダクツ(同)も「いま初めて状況を知った状態。版元と対応を確認してみたい」と明かす。

 阿久根市では「どのような絵が描かれるかは事前に知らなかった。著作権の問題は市は関知しない」と話している。




問題があるなら著作権者が厳正に法的対処すればいい

でも前の市長がマスコミ嫌いになる理由もわかる

中国の著作権侵害を見て見ぬふりをして
こんな田舎のケチな壁画を論うとは

中国といっても偽ガンダムとかのレベルの話ではない

中国政府の管理の下に行われている営利目的の著作権侵害のことだ

著作権者やマスコミはこれも対処したらどうだ

でもできないよね

記事のタイトルでわかる

中国なら仕方がないと思ってんだろ

アホらし


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック