Patriot Game 強さの意味
2010年04月19日 (月) | 編集 |
朝日新聞
君が代不起立、処分激減 東京の教職員 今春の卒業式は4人

 東京都内の公立学校の卒業式や入学式で、君が代斉唱時の不起立などで処分される教職員が激減している。これまでに延べ400人以上が処分されたが、3月の卒業式では4人だけだ。入学式も処分は少ない見通し。起立・斉唱の義務化から7年たち、都教育委員会は「ルールが定着した結果だ」というが、休暇を取るなどして処分を避けながら抵抗する教員は少なくない。「強制」の波紋は、なお続いている。

「信条を曲げるか、処分を受けるか。どちらも耐え難かった」。23区内の都立高校で1年生の担任だった40代の男性教諭は、卒業式前日に休暇願を出し、式を欠席した。

 2004年に起立を拒んで戒告処分を受けた。外国人の生徒の気持ちを考えると、抵抗せざるを得なかったという。「戦時中、日本軍が日の丸を掲げ、君が代を歌いながら侵略した国の生徒がいるのに、歌えない」。その後は受付など式場外の担当に回されたため、処分されていない。

 ところが、今年は式場内に入ることを命じられた。不起立を続ければ、処分は減給、停職、免職と重くなっていく。将来の異動などへのマイナスを考えると、処分は避けたかった。式場外の担当への変更を上司に訴えたが受け入れられず、休暇を決めた。「自分の信条に基づいた教育ができる場を失いたくない」「生徒の旅立ちを見送れないのはつらいが、ほかに方法がなかった」
(中略)




ルールを守れんウンコに教育ができるかボケ

しかも偉そうな事を言いながら処分はいやだとか甘ちゃんじゃねえか

思想信条の自由を貫いた教育がしたかったら私塾でも開け

もちろん公立学校の教師というぬるま湯を飛び出す気概など
微塵もないだろうけどな

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック