Patriot Game 強さの意味
2010年02月12日 (金) | 編集 |
サーチナ
岡田外相の韓国への謝罪、韓国では「実質的な政策で謝罪を」

 岡田外相は11日、日韓外相会談後に行われた共同記者会見で、「村山談話」を踏まえつつ「日韓併合は、韓国人にとっては国を奪われ、民族の誇りを深く傷つけられた出来事。痛みを覚える被害者の気持ちを決して忘れてはいけない」と、あらためて植民地支配に対する見解を述べた。会談では、未来志向の関係を強化するため、幅広い分野で両国が連携を図っていくことが確認された。

  この発言を受け、韓国のメディアは日韓併合100年を迎え、日本の政府関係者が初めて過去の歴史について公式的な立場を表明したことは注目に値すると報じており、韓国に配慮した表現であるとの前向きな評価もみられる一方、日本政府が具体的な内容を示したものではなく、真の未来志向的な両国関係を構築するためには、今後日本政府が実質的な政策で「謝罪と反省」をみせるべきとの指摘もある。
(中略)




約束、契約、条約などが通用しない国があります
K国とC国です

例えば韓国との戦前の問題は日韓基本条約で最終的に解決しています
日本は朝鮮と戦争したわけでもないのに賠償金も払ってます

「謝罪と反省」の政策とは条約を履行することです
日本は条約を履行している限りにおいて
文句をいわれる筋合いはありません

ですがそんなことK国には通用しません
K人には約束、契約、条約が理解できないからです
だからいつまでたっても日本を強請り続けているのです

日本とK国の真の友好など未来永劫ありえません

このようなことが続く限り
いずれ決着をつける日が来るかもしれません

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック