Patriot Game 強さの意味
2009年06月11日 (木) | 編集 |
読売新聞
正座「話をさせて」強制…西淀川遺棄事件、母ら追起訴

死亡当日 女児「ヒマワリを探している」
 大阪市西淀川区の小学4年松本聖香さん(9)が衰弱状態で放置されて死亡、遺体が遺棄された事件で、母親の内縁の夫、小林康浩被告(38)が、聖香さんに対し、何か言いたい時は正座して先に許しを請うよう命じ、自由な発言を禁じていたことが、大阪府警の調べでわかった。大阪地検は10日、小林、母親の美奈(34)両被告を保護責任者遺棄致死罪で追起訴、一連の捜査を終えた。両被告は起訴事実を認めているという。同罪は裁判員裁判の対象事件で、両被告は死体遺棄罪と併せ、裁判員裁判で審理される。

 捜査関係者によると、聖香さんは、小林被告に「出て行け」とどなられるたび、「家において下さい」と懇願していたが、知人の杉本充弘被告(41)(死体遺棄罪で起訴)の供述では、その際、小林被告は聖香さんを正座させ、「お願いです。話をさせて下さい」と前置きするよう命じていた、という。

 また死亡当日の4月5日午前、小林被告がベランダに出た際、聖香さんは「ヒマワリを探してる」とうわごとを言っていたという。

 起訴状によると、小林、美奈両被告は3月末頃には聖香さんが身動きも不自由なほど衰弱したのを認識しながら、虐待の発覚を恐れて医師に診せるなどの措置を取らず、4月5日午後3時頃、放置していた自宅ベランダで衰弱死させた、とされる。




無実の人間は殺人で起訴するくせに
人殺しを殺人で起訴しないとかありえん

この子はただ死んだわけではない
これはなぶり殺しだ

親に見捨てられ、近所に見捨てられ、学校に見捨てられ
そして今、法にも見捨てられようとしている

もうこの子に味方できるのは正義しかない
裁判員裁判で正義が行われる事を期待する

ちなみに俺が裁判員なら無罪にする
殺人を保護責任者遺棄致死で有罪にするわけにはいかないからな

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック