Patriot Game 強さの意味
2007年10月10日 (水) | 編集 |
ITmedia News(ロイター)
オーストラリア環境相、YouTubeで日本の捕鯨に反対

 オーストラリアは南極での日本の捕鯨に対する戦いをインターネットにも広げ、日本の子供をターゲットにした新たなYouTubeキャンペーンを10月9日に発表した。

 「このような素晴らしい動物が生存しない地球に住むことを想像できますか? 何百年にもわたる捕鯨によって、クジラは絶滅寸前です」と豪環境大臣マルコム・ターンブル氏は日本語の字幕付きのYouTubeビデオで語っている。

 日本は来夏、初めて南極で50頭のザトウクジラを捕獲する計画だ。ザトウクジラは現在、オーストラリアの海岸沿いに南下している。また日本は科学調査のために935頭のミンククジラも捕獲する予定。

 日本の捕鯨船は2月末に、乗組員1人が死亡した加工船「日新丸」の火災で航行に支障を来したが、最近、新しい追跡船を加え装備を強化した。

 数週間後に総選挙を控えたオーストラリアの政府は、同国の南極周辺の捕鯨禁止海域における日本の捕鯨に対して法的措置をとろうという反対派の呼びかけを、無意味と退けた。この捕鯨禁止海域は、ほかの国家には認められていない。

 日本の漁業関係団体は、この問題をハーグ国際裁判所に持ち込むあらゆる国家に異議を唱えてきた。彼らは、同国の捕鯨権が認められるとの自信を持っている。

 ターンブル氏は、オーストラリアは世論という裁判で戦うと語った。

 「すべての国々、特にわたしたちと親しい日本の国に、捕鯨計画をやめるよう勧告しています」とターンブル氏はwww.youtube.com/DeptEnvironmentのビデオで語っている。

 日本鯨類研究所は、捕鯨船が南極に出発する時期を明らかにしていない。反捕鯨活動家は今回の捕鯨をやめさせるキャンペーンを続けると誓っているが、日本は研究目的だと主張している。

 Greenpeaceも世論を反対に導こうと、日本でアニメーションビデオを立ち上げる。同団体は、今回の捕鯨は1986年に国際捕鯨委員会が採択した世界的な商業捕鯨禁止に違反しているとしている。

 日本は、同国の捕鯨プログラムはクジラの頭数や種類、脆弱な南極の環境の状態を理解する助けになると主張している。

 また同国は捕鯨は重要な文化的伝統と主張しているが、調査では、同国での食用としてのクジラへの需要は低下している。




適当な事を言ってるけどクジラが絶滅寸前という科学的根拠はどこにもない
それどころか国際捕鯨委員会の資料によれば逆に増えているはずである
このような単なる感情論で日本人を納得させようとしても無駄
食用としての需要も低下してない
高級食材のため日常の食卓にでないだけだ
日本人は科学に弱いので科学的根拠を提示する必要がある

それよりも他の水産資源も減少していて
これに対応するのが先じゃないのか
マグロも厳しい規制が行われているし
2050年には魚がいなくなるという研究もある

そのような事態になった場合捕鯨が重要になってくる
人類に残された水産資源がクジラだけになった時
連中はそれでもクジラは絶滅寸前と言い張るだろうか
おれはたぶん違うと思うけどね
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
>適当な事を言ってるけどクジラが絶滅寸前という科学的根拠はどこにもない

探せばいくらでもある

>それどころか国際捕鯨委員会の資料によれば逆に増えているはずである

ボトムから比較すれば増えた。
そのための捕鯨禁止だ。
然し昔の水準には遥かに遠い。
2007/10/10(Wed) 18:33 | URL  | げんた #-[ 編集]
げんた様
読者もいない一人で細々とやってるブログにコメントいただきありがとうございます

ですがカワイルカ等の少数の種類を除き本当に絶滅の危機に瀕している
クジラはいません
なぜなら完全に保護されているからです
それにシロナガスクジラを捕鯨しろと言っている人もいません
意見がかみ合わないところです

それに

>>探せばいくらでもある

これがいけないんです
その証拠を示さなければ知性ある人は納得しないでしょう
南京事件についても証拠はあるといいながら示されたことはありません
だから今でも議論になっているのです

>>然し昔の水準には遥かに遠い。

昔の水準に戻す必要があるんですか
根絶しないだけの数が確保されていれば問題ないと思いますが
ここも意見がかみ合わないところです
2007/10/11(Thu) 13:19 | URL  | ハートマン軍曹 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック