Patriot Game 強さの意味
2007年06月01日 (金) | 編集 |
時事ドットコム

IWC脱退も辞さず=沿岸捕鯨拒否は「機能障害を象徴」-日本政府が表明

 【アンカレジ(米アラスカ州)31日時事】当地で開催された国際捕鯨委員会(IWC)総会で31日(日本時間6月1日)、日本政府代表団は「日本が提案した沿岸小型捕鯨の解禁案を拒否されたのは、IWCの機能障害とダブルスタンダード(二重基準)を象徴している」と強い言葉で非難した。その上で、IWC脱退も含め対応を検討する方針を明確にした。
 総会は同日午後、2009年開催地をポルトガル・マデイラ島と決め、閉幕した。開催地には横浜市も立候補していたが、日本政府のIWC対決姿勢に呼応し、中田宏市長が直前に棄権を表明した。08年総会はチリで開かれる。
 日本政府は総会で、北海道網走や宮城県鮎川、和歌山県太地、千葉県和田でのミンククジラ捕鯨枠をIWCが容認する先住民捕鯨に準じて「鯨肉消費を地域に限定する」との条件で要求。商業色を薄め、先住民捕鯨と沿岸捕鯨に共通する伝統性を強調したが、反捕鯨国から「沿岸捕鯨は商業捕鯨の一種だ」(ニュージーランド)と批判を浴び、日本は投票を求めずに断念した。
 政府代表団は「IWCは日本の捕鯨地域の窮状を認めているのに、正当な要求を否定した。日本の忍耐は限界に近い」と指摘。さらに「IWCへの対応を根本的に見直す可能性がある。例えば、与党内から要請が強かったIWC脱退や新たな国際機関の設立などだ」と強い口調で語った。




原油の値段が高騰している
バイオエタノールのために穀物も価格が上昇している
マグロの漁獲が制限され
ロシアは生きたカニの輸出を禁止しようとしているし
EUはうなぎの稚魚を規制しようとしている
あらゆる資源が高騰しているので
日本も新たな供給源の確保が必要になっている

このような状況では将来ひょっとしたら捕鯨が重要になるかもしれない

しかし一番むかつくのは捕鯨国のアメリカが最強の反捕鯨国だということ
自分達は獲って他の国には獲らせない
緑豆のテロ攻撃は放置する
確かにダブルスタンダードだよな

新しい水産資源管理の組織を設立したほうがいいよマジで


6/4追記
先日ロシアが生きたカニの輸出を禁止するという報道がありましたが
プーチン大統領が「禁止したのは密漁、密輸だ」と語りました
報道の勇み足かも知れませんが
資源外交を推し進めるプーチン大統領なので
今後の交渉を有利にするための作戦かもしれません
さすが元KGB
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
中田宏中田 宏(なかだ ひろし、1964年9月20日 ‐ )は、日本の政治家。神奈川県横浜市#歴代市長|横浜市長(第20代)。元衆議院議員。概要神奈川県横浜市青葉区 (横浜市)|青葉区出身。1989年青山学院大学卒業後、松下政経塾に第10期生として入塾同期生に
2007/06/08(Fri) 03:31:50 |  みおの日記