Patriot Game 強さの意味
2006年08月15日 (火) | 編集 |
朝日新聞
小泉首相、靖国神社に昇殿して参拝

 小泉首相は終戦記念日の15日朝、東京・九段北の靖国神社に参拝した。現職首相による終戦記念日の参拝は85年の中曽根康弘元首相以来21年ぶり。小泉首相は就任前に8月15日の参拝を公約していたが、過去5回は時期をずらしていた。首相は参拝後、「いつ行っても批判する勢力がある。ならば今日は適切な日と判断した」と語った。河野洋平衆院議長が戦争責任の明確化に言及するなど靖国問題をとらえ直す動きが出る一方、中韓両国は抗議声明を発表し、ポスト小泉政権の対応を注視している。9月の自民党総裁選では首相参拝の是非や靖国神社のあり方が争点になり、次期政権の課題となる。

 小泉首相の靖国神社参拝は昨年10月以来で、6年連続となった。9月に退陣を控えた首相はこの日、公用車で靖国神社を訪れ、「内閣総理大臣 小泉純一郎」と記帳。モーニング姿で本殿に上がり、「二拝二拍手一拝」の神道形式はとらずに一礼し、玉串料の代わりに献花料3万円を私費で払った。

 首相は01年の自民党総裁選で「首相に就任したら8月15日の戦没慰霊祭の日にいかなる批判があろうと必ず参拝する」と公約した。しかし01年は中韓両国への配慮などから8月13日に前倒ししたほか、春季例大祭初日の4月21日(02年)、1月14日(03年)、元日(04年)、秋季例大祭初日の10月17日(05年)と日付を変えて参拝し、8月15日は避けてきた。

 参拝で中韓両国との首脳外交は途絶えることになったが、首相は「外国政府が心の問題にまで介入して、外交問題にしようとする姿勢は理解できない」と不快感を表明。今月に入ると「公約は生きている。守るべきものだ」と語っていた。
(中略)




小泉首相が参拝しようがしまいがそれは彼の自由ですが
参拝したことは日本にとっていいことだと思います。
歴史カードはもう日本には通用しないことの宣言です。
くわしく説明すると長くなるのでやめますが
靖国問題では中国、韓国のバカさ加減がよくわかります。

戦争美化、軍国主義者崇拝とか言ってますが
8月15日は日本が負けた日です。
論理的に考えてつじつまが合いません。
中国の場合、日中戦争の原因となった盧溝橋事件の日に
参拝したのなら100歩譲って理解するとしましょう。
でもそうではないのでわかりません。

韓国の場合、もともと日本は朝鮮とは戦争していませんし
韓国と言う国は戦後できた国です。
植民地支配うんぬん言うなら伊藤博文の墓参りをしたのならわかります。
でもA級戦犯が戦争を指導していた時は朝鮮系日本人として
侵略する側にいた連中です。

中韓ともバカすぎて話になりません。

バカなので簡単に説明すると
国家間の問題は条約によって解決することが可能です。
日本は中国、韓国とも条約によって戦後処理は終了しています。
終了している以上何もいうことはできません。
条約を破棄すれば別ですが。

もっともこれは法治国家の論理なので
人治国家中国と情治国家韓国には通用しないのかもしれません。

でもこれだけははっきりしている。
日本は戦後61年間、1度も戦争していない。
平和国家として行動で示している。
それなのに戦後何度も戦争している中国と韓国に
軍国主義だなんだと言われる筋合いはない。
もう日本はお前らのいいなりにはならないことを理解しろ。
わかったかウジ虫ども!
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック