Patriot Game 強さの意味
2006年07月20日 (木) | 編集 |
産経新聞
児童にレノンの「イマジン」禁止 「反宗教的」と英小学校

≪児童の母親ら「素晴らしい歌なのに…」≫

 英国国教会系の小学校が故ジョン・レノンさんの代表曲「イマジン」を「反宗教的」との理由で児童が歌うことを禁止し、保護者らが反発している。20日付の英紙デーリー・エクスプレスが伝えた。

 同紙などによると、英南西部エクセターのセント・レナーズ小学校の児童は学期末のコンサートに向け練習を重ねていた。しかし学校側は「イマジン」の「宗教がない世界を想像してごらん」という歌詞について、国教会にふさわしくないと判断、別の曲に急遽(きゅうきょ)差し替えた。

 「イマジン」は平和を訴えた名曲とされ、トリノ五輪の開会式でも採用された。児童の母親らは「素晴らしい歌なのにナンセンス。歌詞は信教を否定しておらず、全体の文脈から判断すべきなのに」と話している。




これはしょうがない。
民主主義国家においては学校の運営方針は学校の運営母体が
法律の範囲内で決めることができる。
それがいやなら違う学校に変わる自由があるのも民主主義。

歌1つにここまで目くじら立てる必要もないと思うけどね。
おれも高校はカトリック系だったけど特に何もなかった。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック