Patriot Game 強さの意味
2017年02月05日 (日) | 編集 |
music.jpニュース
DJ・ROCKETMANでも知られるふかわりょうがJASRAC著作権問題で音楽の「今」を解く

 Twitter上でのトレンドワードとその関連するニュースを紹介する『Around the WoRDS』のコーナーでは、“JASRAC”というトレンドワードに注目が集まりました。今後、音楽教室で演奏する楽曲などにもJASRACが著作権料を求めていくということについて、スタジオでも議論した。
 ROCKETMANとしてDJの活動もしているふかわはこの件について、「(著作権者の)権利を守ることは大事ですが、何でも杓子定規にやるのはどうなのかなと思います。ただ、(無料動画サイトなどで)お金を払わずに音楽を聴けるようになってしまったので、新たなマーケットを拡大しなければいけないという意識があるのかもしれません」と見解を示しながらも、「私が1つ言えるとすればこれだけで音楽は衰退しない。新たな時代への一歩となればいいと思います」と、前向きなコメントも述べていた。
(中略)




カスが営利目的ってバラしてるじゃねえかボケ!

著作権保護をやってりゃいいのに

マーケット拡大とか著作権を利用したビジネスが目的になってんだよ

ふかわさん、そこが嫌われてんのにわかんねえの

だから俺は音楽を買うのをやめた

日本の音楽業界は2010年に破綻してんだよ

音楽は衰退しない

日本の音楽業界が衰退するだけだよ、ふかわさん(´・ω・`)


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック