Patriot Game 強さの意味
2016年09月27日 (火) | 編集 |
J-CASTニュース
自動車免許で125ccバイク 規制緩和の動きに賛否両論

将来、普通自動車免許があれば、排気量125ccのバイクに乗ることができるようになるかもしれない、とインターネットで話題になっている。

現在、「原付2種」と呼ばれる125ccバイクに乗る場合、普通免許とは別に「小型自動二輪免許」が必要になる。その125ccバイクの免許取得について、全国オートバイ協同組合連合会や日本自動車工業会などは2010年から「簡便化」するよう、警察庁などに要望していた。

排気量125ccのバイクは、ここ数年人気が高まっている。

125ccのバイクは、道路運輸車両法では原付扱いだが、道路交通法では軽自動二輪扱いになるため、50cc(原付1種)のバイクにある速度制限(時速30キロメートル)がなく、クルマの流れとあわせて時速60キロメートルで走ることができる。また、交差点での「二段階右折義務」もなく、2人乗りも可能。ただ、高速道路は走ることはできない。

さらに、維持費も50ccの原付バイクとほとんどかわらず、250ccや400ccクラスのバイクより安い。軽自動車税は年間1600円で、車検はない。自動車損害賠償責任保険への加入は必要だが、任意保険はクルマの任意保険にファミリーバイク特約を付加すれば加入できる。

最近はオートマチック(「AT小型限定普通自動二輪免許」での運転)車両が増えて、手軽に乗れる。価格も10万円台から40万円台まで、幅広くそろう。50ccと比べてパワーが違うし、制動力も高い。実用性に富んでいることが、125ccバイクの魅力のようだ。

現行、自動車の普通免許を持っている人が運転できるのは50cc未満(原付1種)のバイクだけ。全国オートバイ協同組合連合会によると、普通免許を取得している人が125ccの小型自動二輪の免許を追加取得しようとすると、教習所に通う費用など7万円程度かかるという。
(中略)




まず言わせてもらうけど

バカじゃねえの(・ω・)

反対してるヤツラ

お前ら乗ったことあんの?

原付きは昔は役に立ったが今は規制規制でパワーは半分くらいになった

大の男では全く走らないんじゃ

坂なんか登らないったらありゃしない

しかも規制のせいで世界最強のバイク、スーパーカブの燃費を

悪くするという本末転倒ぶり

原付きはとことん使えないガラクタになってしまった

で、今の原付二種が昔の原付と同じくらいのパワーがあるから

自動車免許で乗っても合理性はある

こうなったのは規制が厳しくなったからや

新たに規制を強化したら別の規制を緩和するのは道理だろ

そもそも日本の免許制度は世界で例を見ないほど複雑で厳しすぎる

それにギャアギャア言ってるヤツラに聞きたい

免許のない自転車が道路を走ってるのはいいんか

事故の危険はないんか

もう一度言う、バカじゃねえの

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック