Patriot Game 強さの意味
2016年07月29日 (金) | 編集 |
毎日新聞

相模原殺傷 防犯強化どこまで…悩む障害者施設

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害された事件は、全国各地の障害者施設に新たな悩みをもたらしている。多くが地域に開かれた施設を目指してきた。今回の凶悪犯罪を受けて防犯対策を強化すれば、地域との交流を閉ざすことになりかねないためだ。

 「模倣犯が出ないか心配という声が聞かれる。みんな不安がっている」。やまゆり園と同じく相模原市にある障害者施設「たんぽぽの家」の守屋久施設長代理(40)は明かす。地域との交流を重視して、約30年前に開所してから一度も外壁や門扉を設置してこなかった。

 事件後、たんぽぽの家は会議を重ね、防犯センサーが感知する範囲を拡大したり、異変を知らせるための笛を全職員に渡したりするなどの対策を決めた。しかし地元住民とのつながりを絶たないためにと、外壁の設置は見送ったという。守屋さんは「どんな対応が正解なのか。答えは出ない」と語る。

 愛媛県今治市の「今治育成園」には、加盟する県の障害者協会から「危機管理をもう一度見直すように」という内容の通知が届いた。しかし、具体策は示されていなかった。同園の施設長の男性は「夜勤の人数を増やすにしても人員に限りがあり、対策には費用もかかる。どこまでできるか」と有効な手立てを見いだせずにいる。
(中略)




障害者施設がまずやらなきゃならんのは

防犯対策ではなくスタッフの給料と数を増やすこと

障害者施設は金目当ての強盗が押し入ることもない

ISのようなテロリストの標的になるような場所でもない

人が多いことが抑止力になる

それに今回の事件では施設の職員は警察に通報していない

非番の同僚に連絡してその同僚が警察に通報している

だから侵入者対策より迅速に通報する方法を確立したほうがマシ

最後にこれだけ言っとくけど

事件を未然に防ごうと思うな(´・ω・`)

明確なサインが出ていたにもかかわらず防げないんだったらもう無理

普通はサインなんかわからないんだから

長崎の女子高生殺人事件でも同じ

サインは出続けてたのに目を背け見て見ぬふりをしていた

それならば発生はしょうがない、あきらめる

起きた後、迅速に対処するシステムを構築するのが合理的だ

無駄なことする余裕ないだろ(・ω・)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック