Patriot Game 強さの意味
2016年07月24日 (日) | 編集 |
東スポWeb
「ポケモンGO」でウハウハのハズが…任天堂異例声明の裏

 任天堂などが開発し、世界30か国以上で空前のブームとなっているスマートフォン向けアプリ「ポケモンGO」が22日、ついに日本で配信された。街は大勢の人であふれ返ったが、同時にトラブルも頻発。高速道路付近にポケモンが出没したほか、宮城県では中国人2人が市営住宅の敷地内に無断で侵入し、警察が出動する事態となった。そんななか、任天堂は同アプリについて「連結業績に与える影響は限定的」と異例の声明を発表。ウハウハなはずなのに一体なぜ? その裏には“巨額訴訟リスク”があるという。

 ついに日本解禁となったポケモンGO。都内では年齢、国籍問わず大勢の人がスマホ片手にさまよっていた。その光景を見る限り、日本でも空前のブームになることは間違いない。

 だが、同時に苦情も相次いでいる。高速道路や用水路付近にポケモンが出没。今後、むちゃするユーザーが現れないとも限らない。

 首相官邸の入り口や国会内でも発見され、菅義偉官房長官は会見で「重要施設のセキュリティーは極めて大事。しっかり対応したい」とコメント。原子力規制委員会はユーザーの立ち入りを想定し、監視カメラの強化を要請している。
(中略)




そりゃ任天堂は例え儲かっても喜んじゃいられんだろ

ある外資系金融マンが言ってたけど

ゲーム自体を開発したのはアメリカの会社

任天堂はキャラを提供しただけ

任天堂自身で開発ができないことが問題

日本にはキャラはあってもコンテンツの使い方がわかってない

ソフト開発能力のなさを露呈したケース

だから市場的には株価は下がってもおかしくないとか

俺もそう思う

もはや日本が世界をリードするゲームを開発することはない

クールジャパンの正体はこんなもん(´・ω・`)


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック