Patriot Game 強さの意味
2016年06月01日 (水) | 編集 |
西日本新聞
佐世保女児殺害事件から12年 小学校で追悼集会

 長崎県佐世保市の市立大久保小学校で2004年、6年生の御手洗怜美さん=当時(12)=が同級生の少女に殺害された事件から12年となった1日、追悼集会が同校で開かれ、小林庸輔校長は「人に優しくすることが生きる喜びにつながる」と、周囲を思いやる大切さを訴えた。

 集会には児童、保護者、地域住民ら約200人が参加し、黙とう。学年ごとに児童が声をそろえて「助け合って、みんなの命を大切にします」「仲間を信頼し、誰とでも仲良くします」と決意を表明。

 続いて、教諭が「かけがえのない子どもたちを見守る」、保護者も「命の大切さを知ってもらうため取り組む」と誓いの言葉を述べた。




まだこんな無駄なことをやっているのか

女子高生殺人事件で明らかになったのに学んでない

県民「こんな事件は二度と起こすな」

学校「知らんばい」

児相「問題は受け付けるな」

県「その対応で問題ない」

これで女子高生の事件が起きたのに

今までと同じことの繰り返し

つまり長崎県の方針は変わってないということじゃ

念仏を唱えるだけでは問題は解決しない

いずれまた同様の事件が起きる環境はそのままですよ

長崎県民のみなさん(´・ω・`)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック