Patriot Game 強さの意味
2016年05月04日 (水) | 編集 |
サーチナ
中国の人件費の上昇が凄まじすぎる、「もはや安価ではない」=韓国

 韓国メディアの亜洲経済はこのほど、韓国貿易協会北京支部が1日に発表した「中国最低賃金動向と中韓対比報告書」の内容を紹介、「中国はもはや安価な労働力市場ではなくなった」と伝えた。

 記事は同報告書を引用し、韓国の2015年の最低賃金が5580ウォン(約517円)であったのに対し、中国の15年の5大都市(北京、上海、天津、広東、深セン)の平均最低賃金が3303ウォン(約18元、約306円)だったと説明。これは韓国最低賃金の約6割の水準であると指摘、「中国はもはや安価な労働力市場ではない」と、中国製造業のコスト優位が失われたことを指摘した。

 さらに、中国の最低賃金の上昇が中国に進出している韓国系企業に与えている影響を紹介。韓国貿易協会北京支部の関係者は「中国の最低賃金が絶えず上昇しているため、韓国系企業には生産性を向上させる必要が生じており、また賃金と成果を結び付けた給与体系を構築することも必要だ」との見方を示した。
(中略)




中国は民主主義国家ではない

だから労働者の給料が上がらないところがメリットだった

そのメリットもなくなった

ある外資系金融マンが言ってたけど

「俺の友人は中国ビジネスで大儲けし、そして破産した」

労働者が800円の家賃を払えんと言ってた頃とは

もう違うんやな(´・ω・`)

中国の命運は共産党ではなく市場が決めるとなれば

何が起こるかわからん・・・

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック