Patriot Game 強さの意味
2016年01月17日 (日) | 編集 |
毎日新聞
4業者が仲介 箱にココイチ「信じた」

 「カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)」の廃棄カツが産廃業者から横流しされた事件で、一部のカツは四つの仲介業者を経てスーパーの店頭に並んでいたことが毎日新聞の取材で分かった。大手ブランドを信用し、廃棄物という認識はなかったと口をそろえて悔しがる。

 判明したのは壱番屋(愛知県一宮市)が昨年10月、産廃業者「ダイコー」(同県稲沢市)に廃棄を委託した約4万枚の冷凍ビーフカツが消費者に届くまでの経路の一つ。

 ダイコーは、カツ3万3000枚を、1枚33円(30枚1000円)で製麺業「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)に横流ししたとされる。同社の実質的経営者(78)によると、ダイコーから「ココイチのビーフカツがあるけど、どうだ」と声をかけられたという。「わざわざ偽装してこんな安く卸すとは思わないし、ココイチだからと信頼していた」と主張する。
(中略)




ウソつけ(# ゚Д゚)

そういう業者だって知ってたはずやろ

さもなきゃ相当のバカのどっちかや

何年かごとに食品業界の闇が暴かれるけど

やっぱ自分たちはバレないと思うんだろうな

これ大問題なんだけど

それ以上に大問題がいくつも降りかかって

1個1個がボヤケてしまってる( ゚д゚)

今年は騒ぐ年だ(´・ω・`)

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック