Patriot Game 強さの意味
2010年07月28日 (水) | 編集 |
読売新聞
防衛白書、公表延期…「日韓併合100年」配慮か

 政府は27日、30日に予定していた2010年度版「日本の防衛」(防衛白書)の閣議了承と公表の延期を決めた。


 白書を巡っては毎年、竹島(韓国名・独島)を「わが国固有の領土」とする記述に、領有権を主張する韓国が抗議しており、今年は8月に日韓併合100年となることを踏まえ、韓国側に配慮して公表時期をずらしたとみられる。

 防衛省は延期の理由について、「白書の内容について政府内で種々の意見があった」(前田哲報道官)としている。しかし、同省関係者によると、すでにほぼ印刷を終えていた白書の公表に対し、首相官邸側から延期の指示があったという。

 政府関係者によると、8月に日韓併合100年を迎えることから、韓国側の対日感情が悪化する可能性を踏まえ、政府内で6月ごろから「発行時期に配慮すべきではないか」という意見が出始めたという。防衛省は「予定通り発行すべきだ」として準備を進めていたが、首相官邸側が「韓国内の反日感情を刺激するより、延期したほうがよい」と判断したとみられる。公表は9月になる見通しだ。

 防衛白書は、防衛省が過去1年間の政策や自衛隊活動について国民の理解を得るために発行している年次報告書だ。例年、日本周辺の安全保障環境の説明で、「わが国固有の領土である北方領土や竹島の領土問題が依然として未解決のまま存在している」と記し、巻末の日本地図にも竹島を掲載している。今回も同様の記述を予定していた。韓国では、8月15日が日本の植民地支配からの解放記念日で、29日には日韓併合条約に基づく植民地支配開始から100年を迎えることになっている。




日本に配慮する政治家はただの1人もいない

売国奴は死ねばいいのに

スポンサーサイト


2010年07月23日 (金) | 編集 |
読売新聞
パトカーを乗り逃げされ、川に沈められる

 23日午前9時50分頃、茨城県かすみがうら市牛渡の集落センター敷地で、土浦署の男性巡査部長(34)が行方市の男(55)を職務質問中、男にパトカーを乗り逃げされた。


 約30分後、パトカーは現場から約4キロ離れた川に半分沈められた状態で見つかり、同署は、付近に潜んでいた男を窃盗容疑で緊急逮捕した。

 発表によると、付近住民から「道を尋ねてきた男の様子がおかしい」と同署に通報があり、巡査部長がパトカーで駆けつけた。

 巡査部長は、男をパトカーの後部座席に座らせて職務質問していたが、車外に出て同署と連絡を取っている間に、内側からカギをかけられたという。

 同署の平沢雄平副署長は「今後このようなことがないように、再発防止に努めたい」としている。




日本の警察は手順通り仕事して
問題が起きなければいいが
被疑者が力を行使したとき対処不能に陥る事が多い

チンピラが棒状のものを振りかざして逃げ惑う警官

外国人女性英語講師殺害容疑者に目の前で逃げられる警察

皇居に侵入を図るキチガイを1時間半制圧できない警察

警官は正義の味方でも法の番人でもなんでもない

公務員だ

だが、ただの公務員では困る

市民が武装しなければならない社会になるかはこの公務員にかかっている



2010年07月21日 (水) | 編集 |
時事ドットコム
国連高官が事務総長批判=「透明性や説明責任が欠如」


国連の事務次長(内部監査室担当)を先週退任したインガブリット・アレニアス氏が潘基文事務総長にあてた退任前の報告書で、「(国連には)透明性はなく、説明責任も欠いている」と述べ、事務総長の国連運営を批判していたことが20日、分かった。

 同氏は、国連内の不正行為を調査する内部監査室の任務遂行が事務総長に阻害され、監査体制が弱められたと主張。事務総長の指導力欠如を指摘するとともに、「事務局で腐敗が進んでいる」と問題視した。

 事務総長側はこれに対し、事実誤認であると述べ、事務総長が就任して以来、説明責任と透明性の強化に取り組んできた「実績」を強調した。



パンくんになった時点で
こうなることはわかっていた

国連を弱体化させたいアメリカの思惑通り



2010年07月16日 (金) | 編集 |
中日新聞
こんにゃくゼリー窒息防止策検討 消費者庁が基準作りへ

 こんにゃくゼリーなど食品による窒息事故の防止策を検討している消費者庁は16日までに、製品の硬さや形などの安全基準となる「指標」を作るため、専門家や製造業者らで構成する研究会を立ち上げることを決めた。年内をめどに結論を出す。

 こんにゃくゼリーをめぐる初めての指標作りとなる。

 こんにゃくゼリーの法規制の在り方などを検討してきた同庁の「食品SOS対応プロジェクト」(リーダー・泉健太内閣府政務官)が16日、会合を開いて協議。その後の政務三役会議を経て発表する見通し。

 内閣府や消費者庁などによると、こんにゃくゼリーは、普通のゼリーに比べ、硬く弾力性が強いためのどに詰まりやすい。食べた子どもやお年寄りが窒息する事故が多発し、1994年以降、少なくとも54件発生し、22人が死亡した。

 消費者庁は、指標作りには、医学や口腔衛生学、食品学などの専門家や製造業者らを交えた研究会が必要と判断。こんにゃくゼリーを含む窒息事故が起こりやすい食品の形や硬さを調査、研究する。指標を踏まえて、業界に自主改善を求める方針だ。




もちは?

消費者庁おわったな


ちなみに
2006年1月1日から1年間の窒息事故件数

こんにゃく入りゼリーは2件(国民生活センターのデータ)


1位:もち(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)

2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)

3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)

4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)

5位:あめ(28例、「こんにゃく入りゼリー」の14倍危険)

6位:だんご(23例、「こんにゃく入りゼリー」の11.5倍危険)

7位:おかゆ(22例、「こんにゃく入りゼリー」の11倍危険)

8位:流動食(21例、「こんにゃく入りゼリー」の10.5倍危険)

9位:カップ入りゼリー(11例、「こんにゃく入りゼリー」の5.5倍危険)

10位:ゼリー&しらたき(それぞれ4例、「こんにゃく入りゼリー」の2倍危険)

厚生労働省の調査による:2008年



2010年07月10日 (土) | 編集 |
読売新聞
あの裁判の涙は…元船長一転「反捕鯨やめない」

 反捕鯨団体「シー・シェパード」による調査捕鯨船妨害事件で東京地裁に執行猶予付き有罪判決を受け強制送還されたピーター・ベスーン元船長(45)が10日、ニュージーランド・オークランド空港に到着した。

 裁判では、南極海での反捕鯨活動にもう参加しないと涙ながらに述べていた元船長だが、空港で報道陣に囲まれると一転、「活動は決してやめない」と語った。

 シー・シェパードは6月に元船長を除名しているが、ポール・ワトソン代表は本紙に、「除名も、元船長がもう反捕鯨活動をしないと語ったのも、法廷戦術に過ぎない」と述べ、元船長が団体の活動に戻る可能性を示唆している。




所詮テロリスト

情け容赦をかける相手ではない



2010年07月08日 (木) | 編集 |
産経新聞
駐韓日本大使に投石

 韓国のソウル市内で7日夜、講演していた重家俊範駐韓日本大使に韓国人の男が石を投げつけた。大使にけがはなかったが、通訳をしていた日本大使館員の女性が手に軽いけがをした。

 男は、韓国が竹島(韓国名・独島)の領有権を保有していると主張する政治団体のビラを持っており、同団体の関係者とみられる。

 重家大使が講演を終えて質疑応答に入った際、男が客席から「日本大使館に3度手紙を送ったが回答がない」と声を上げた。その後、大使に近づき、持っていた茶封筒から石を取り出して投げつけた。

 男は現場で関係者に取り押さえられ、駆けつけた警察官に身柄を引き渡された。




映像を見たけど本当に暗殺されててもおかしくなかった
テロリストが襲撃して数秒間だれも止めようとせず
みんなポカーンと見物してた

さすが韓国人

強力な反日国家ということをあらためて証明したな

民主党売国政権は直ちに国交断絶しろ



2010年07月06日 (火) | 編集 |
Game Spark
ペーパードライバーが『Test Drive Unlimited』で運転を克服?

英紙Telegraphに掲載された読者からのお便りで、ゲームファンにはちょっぴり気になる小話が見つかったのでご紹介します。


“私は今73歳で30年間まともに車を運転していませんでした。でもXbox 360とTest Drive Unlimitedというゲーム、それにレーシングホイールを買って練習不足を克服したんです。

私は20時間ほどバーチャルなハワイの島をゆっくりとしたペースでドライブしました。その後、休日にカナダのカルガリーで、何の問題もなく実際に運転することができたんです”

30年間もペーパードライバーなら運転の感覚をほとんど忘れてしまっていたはずですが、こんなところでゲームの力が役立って何よりですね。ゲームが再訓練のためのツールではない、ということは理解しておく必要がありますが、オープンワールドの道路を自由に走行できるTest Drive Unlimitedのゲーム性が生かされたのではないでしょうか。




日本では通用しません
ゲーム脳教信者どもが犯罪者予備軍として
プレイヤーを叩きます



2010年07月01日 (木) | 編集 |
ダイヤモンド・オンライン
ワールドカップ敗退で歓喜している国に、ベスト4など永遠に無理な話だ

 日本が敗れた。南アでのワールドカップサッカーのベスト16での戦い、PKの末にパラグアイに惜敗した。

 翌日の新聞は一面トップでこの「悲劇」を伝えている。また、朝の情報番組を観れば、司会者やコメンテーターが口をそろえてこんな風に語っている。

「感動をありがとう」

「勇気をもらいました」

「日本代表にお礼を言いたい」

 一般人ならまだしも、スポーツ報道を扱うメディアの人間にしては、またずいぶんと安上がりに感動するものである。

 どうも、この種の言葉に違和感がある。仮にも公共の電波を使って、「感動したり」、「お礼をしている」ヒマがあったら、日本の敗因、もしくはパラグアイの勝因について、解説の一つでもしてもらいたいものだ。

歓喜に沸く日本の中で
冷静な批判は難しいのか
 そもそも、今回の日本代表の戦前の目標は、ベスト4であったはずではないか。それは岡田監督自らが設定したものである。

 にもかかわらず、結果はベスト16であった。善戦したとはいうものの、自ら目指した目標に到達しえなかったのは間違いない。それならば、なぜそうした結果に終わってしまったのか、という点をサッカージャーナリズムは分析しないのか。

 一般のファンならば仕方がない。しかし、まがりなりにもメディアの人間であるならば、そしてサッカーを取材している者であるのならば、ファンと一緒にお礼をしていないで、自らのやるべき仕事をきちんとこなすべきである。

 前日本代表監督のオシム氏は試合後、NHKの番組の中でこう語っている。

「改善すべき点は多くあった。決勝に入ってパラグアイのように勝てる相手と当たったのに、この結果はきわめて残念です。本当に勝ちにいったのか、残念でならない。勝つために必要なことをしたのかというとそれはない。後半は個々人がチームを無視した動きをしてしまった。この教訓をどう引き出すか。次のワールドカップを考えるのならば、きょう、この負けた瞬間から考えなければならない」
(中略)




選手のみなさん、関係者のみなさんお疲れ様でした

胸を張って帰ってきてください

だがしかし、試合のほうは退屈だった

というかイライラしてた

なぜゴールキックしてもスローインしても数秒後には
パラグアイボールになっているのか

どうしてキープできないのか

決定的なチャンスも1回しかなかった

誰かサッカーに詳しい人に説明してもらいたいが
なぜなのかわかる日本人は1人もいないのかもしれない