Patriot Game 強さの意味
2010年05月26日 (水) | 編集 |
スポニチワールドサッカープラス
責任押しつけ岡田監督の小ささ見えた

 【W杯国内壮行試合 日本0―2韓国】超人的な気力を発揮して、よかったところを探してみる。必死になって探してみる。

 ……。

 ダメだ。見つけられない。たぶん、わたしの気力と能力が不足しているのだろう。目標はW杯のベスト4。大会直前の壮行試合。英国のブックメーカーによると1次リーグ4位がほぼ確実と見られているチームが相手。

 そこに0―2。それもホームで0―2。不運だったわけでも、とりわけ調子が悪かったわけでもない。いつものように、そう、東アジア選手権やセルビア“選抜”とやったように戦い、いつものように負けただけ。

 揚げ句、監督は逃げた。観客の前に立ち、南アフリカへ向けての抱負を語るべき場から、逃げた。試合に出てもいない川口にマイクを押しつけ、自らは姿を現さなかった。監督自身がそう望んだのか、それとも協会のスタッフが気をきかせたのかは知らない。逃げたとしか思えない。協会は単なる連絡の行き違いと言っていたが、後付けの言い訳としか思えない。とにかく、雨の中会場に足を運んでくれたファンは、岡田監督の決意を聞くことなくスタジアムを後にすることになった。

 監督は、戦術家であると同時にリーダーでもある。戦術家としてはかなり大きな疑問符のつくアルゼンチンのマラドーナ監督だが、選手を守る彼の姿勢を疑うファン、ジャーナリストはいない。ゆえに、メディアからの低評価とは裏腹に、選手たちの口からは「監督を王者にしたい」という言葉が出てくる。

 いま、日本代表の選手たちは岡田監督を信頼しているだろうか。監督に対するメディアやファンからのバッシングに反発し、俺(おれ)たちが評価を覆してやると憤っているだろうか。岡田監督を男にする、と意気込んでいるだろうか。

 わたしなら、憤れない。意気込めない。誰だってこんな試合のあとはファンの前になんか出たくない。それが痛いほどにわかるだけに、出てこなかった岡田監督の小ささが見えてしまう。せめて選手たち全員を引き揚げさせ、誰も何もしゃべらなかったというのであれば納得もいくが、同じように出たくなかったであろう1人の選手に責任を押しつけてしまったのだから話にならない。

 もう、無理だ。

 高まる一方だった岡田監督に対する不満の声は、選手たちを結束させるかもしれない可能性をも秘めていた。だが、今日を境により激しく燃え盛るであろうファンの怒りが、何らかのプラスをチームにもたらすとは思えない。

 つまり、きょうの負けにはなんの意味もなかった。そうしてしまったのは、岡田監督だった。




もともと俺にはオシム監督の後任が岡田監督という事自体
意味がわからなかったがそれはもうどうしようもない

だが岡田監督には目標ベスト4と大口叩いてきた責任をとらなければならない

たとえ負けても本番では絶対勝つと言い続けなければならなかった

それならばWCで惨敗し潔くはらきったら名誉は守れたのに

岡田監督に敵前逃亡は許されない

WC惨敗したとき責任をとる人間が必要だからだ

そして無能の汚名を背負って生きていくのだ


でも本当は岡田監督のことなんかどうでもいい

・゚・(つД`)・゚・あ~あ、泣けるぜ・・・

スポンサーサイト


2010年05月21日 (金) | 編集 |
産経新聞
【鳩山ぶら下がり】韓国哨戒艦沈没で安保理決議「日本が先頭で走る」(20日夜)

 鳩山由紀夫首相は20日夜、韓国政府が哨戒艦沈没を北朝鮮の魚雷攻撃によるものと断定したことについて「もし韓国が国連安全保障理事会に決議を求めるということであれば、日本として先頭を切って走るべきだ」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。
(中略)




なんでルーピー1人だけ興奮してるんだ

休戦破棄して朝鮮戦争再開というのなら話はわかるが
全然そんな空気じゃない

先頭切って走るのはいいけど
米韓中だれもついてきてないという事態に
ならないようにね

それにしてもなんで韓国のことになると
こんなに強気になるんだろう



2010年05月15日 (土) | 編集 |
ZAKUZAKU
“自作自演疑惑”三宅ついポロり「自分で転んじゃって」

 民主党の三宅雪子衆院議員(45)が、12日の内閣委員会での採決時に転倒・負傷した問題で“新証言”が浮上した。民主党は“加害者”として甘利明元経産相への懲罰動議を提出しているが、宿敵・自民党の馳浩衆院議員が、三宅氏から『自ら転倒した』と聞いたことをブログで披露しているのだ。民主党と自民党の泥仕合はどう決着するのか。

 渦中の三宅氏は負傷翌日の13日、車いすで衆院本会議に出席した。右足には包帯が巻かれ、同僚議員に背負われて投票するなど痛々しい姿を見せたが、一方で、鳩山由紀夫首相の答弁時には、痛めたはずの右足を軸に足を組むなど“自作自演”疑惑も指摘された。

 こうした中、議員会館のエレベーターで偶然に三宅氏と遭遇したというのが馳氏。自身のブログに次のように書き残していた。

 《議員会館のエレベーターに、民主党の三宅雪子さん、松葉づえ姿で乗り込んでくる。えらいものものしい。『どないしたの?』『昨日の内閣委員会の強行採決で転んじゃって…』と、痛々しい包帯姿。『運動不足なんですかね、自分で転んじゃって、恥ずかしい…』と三宅さん》

 この内容が事実なら、懲罰動議を出されて「ハメられた」と主張する甘利氏は冤罪をふっかけられたことになる。

 甘利氏は自民党のHPでも、《突然三宅議員が前に倒れ込み、私の方を見ながら『ひっどーい』と叫んだ。たちまち十数人の民主党新人議員に罵倒され、小突かれ、『はめられた』という思いがよぎった》と反論している。

 一方、民主党は甘利氏への懲罰動議に自信満々。「暴力行為は一切なかった」と発言した小泉進次郎衆院議員への懲罰動議も検討するなど、さらに攻撃を強めている。

 真実を知る三宅氏は14日夜、自身のツイッターで、《今回の一連の出来事は、私にとってとても不本意な結果(中略)私への誤解に基づくご意見も多く、残念ではありますが、しばらくツイッターをお休みさせていただきます》と、当面静観することを表明した。

 今週末に地元の群馬県で予定していた集会などもすべてキャンセルし、自宅で安静にするというのだが。




おわかりいただけただろうか



2010年05月13日 (木) | 編集 |
産経新聞
参院選公約に消費税増税を明記へ 次期衆院選後、民主党

 今夏の参院選のマニフェスト(政権公約)を検討している民主党の「マニフェスト企画委員会」(委員長=仙谷国家戦略相、高嶋良充党筆頭副幹事長)が13日開かれ、次期衆院選後に消費税増税を実施することを公約に盛り込むことで一致した。

 鳩山政権は3年後の衆院選までは増税を行わない方針を掲げているが、財政状況の悪化に対応するため、衆院選後には速やかに、増税に踏み切る考えを明確にする。

 この日は党と政府の関係者が出席し、主に財政問題を議論。「財政再建のためには(消費税を含めた)抜本的な税制改正が欠かせないということで一致した」(細野豪志副幹事長)という。消費税の引き上げ時期や税率については今後議論する方針だ。




民主党は今まで予算を組み替えれば
15兆円の財源があるといっていた

しかし今に至るもそんなものはどこにも存在しない

民主党全員知らぬふり

一体何を信じればいいんだ



2010年05月11日 (火) | 編集 |
リアルライブ
「政治家でも金」? 谷亮子、民主党から出馬! また一人小沢ロボットが誕生! どこまで国民は馬鹿にされるのか!?

 民主党が人気回復策に躍起になっている。スポーツ選手・芸能人・文化人など、有名人にやたらめったら声をかけまくっているのだ。某有名芸人や大物俳優にも触手を伸ばしたとも噂されているが、普通の感覚を持った人物ならば”不人気・民主党”のカンフル剤に使用される安易な出馬には乗らない。

 そんな中、民主党の客寄せパンダに選ばれたのが、柔道で世界に名を馳せた谷亮子である。確かに彼女には、国際的な知名度や人脈もあるだろうが、彼女が政治に向いているとは思えない。また、本人もどこまで真剣に政治について考えているのだろうか。「谷でも金」「ママでも金」の次は「政治家でも金」とでも思いたったのだろうか。もちろん、この場合は、金は金でも「金メダル」ではなく「金(かね)」なのだが(笑)。

 どちらにしろ、あまりにも唐突な政界進出である。しかし、どこまで我々国民は民主党に馬鹿にされるのであろうか。「有名人でも出馬させとけば、選挙もどうにかなるだろう」という、民主党幹部のふざけた台詞が聞こえてくるようである。お世辞にも谷亮子に政治ができるとは思えない。スポーツ選手の才能と、政治力は別物である。
(中略)




政権交代すれば日本は変わる

そう思っていた時期がぼくにもありました

恥ずかしい・・・



2010年05月08日 (土) | 編集 |
朝鮮日報
「日本より中国の歴史歪曲のほうがひどい」

 「毛沢東は独裁者であると同時に虐殺者だった。『中国版靖国神社』とも言える毛主席記念館は、『大虐殺記念館』に名称を変えるべきだ」


 中国で有名な歴史教師が、中国共産党が「新中国建国の父」と慕う毛沢東氏や中国の歴史教科書を痛烈に批判する映像講義を行い、波紋を呼んでいる。


 中国共産党機関紙・人民日報の姉妹紙「環球時報」が7日に報じたところによると、北京・京華学校の歴史教師、袁騰飛氏はこのほど、中国の文化革命に関する映像講義を110分間にわたって行った。袁氏は中国国営中央電視台(中央テレビ)の歴史講義シリーズ「北宋と南宋の興亡盛衰」などで番組最高視聴率を記録、中国の高校歴史教科書の共同執筆者を務めたほか、大学入試の歴史教科出題委員でもある。環球時報は、「袁氏の110分間にわたる文化革命についての映像講義を見た人々は数百万人以上で、ほとんどが高校生と推定される」と報じた。


 ところが、この映像講義で、袁氏はタブーとされる発言を行い、毛沢東氏を真っ向から批判した。袁氏は「毛沢東元国家主席に会いたければ、天安門広場の毛主席記念館に行けばいい。だが、その場所は数多くの人々の血で自身の手を染めた虐殺者を崇拝する『中国版靖国神社』であることを忘れないように」と強調した。靖国神社とは、太平洋戦争の戦犯たちが合祀(ごうし)されている、東京都内の神社のことだ。


 さらに、袁氏は「1949年(新中国建国)以降、毛元主席が行った唯一の善行は死んだこと」と痛烈に批判。「台湾の蒋介石元総統は一党統治国家の独裁者だった。毛沢東も同じだ」と述べた。


 また、袁氏は「東北工程(中国が高句麗を自国の歴史に組み入れようとする試み)」など中国の歴史歪曲(わいきょく)問題についても指摘。「日本は歴史教科書を歪曲しているが、中国ほどではない。中国の歴史教科書の記述内容に、真実は5%もなく、あとは完全な虚構」と主張した。


 この講義の内容が伝えられるや、中国当局は直ちに映像の流布を禁止する措置を取ったが、インターネットを通じてこの映像は急速に広まった。


 これについて、ネットユーザーの多くは袁氏を「反逆者」「反革命分子」と呼び、糾弾している。




言ってる事はその通りだが
ソースが朝鮮日報ってどうゆうこと?

真実の歴史を暴露するなど
中国では絶対やってはいけないことだ

天安門事件もなかったことになってるし

だがそれは韓国も同じ

歴史ファンタジーは韓国のほうがひどいかもしれん

だから他のソースがなければ
この記事もちょっと信じられない



2010年05月06日 (木) | 編集 |
ZAKUZAKU
米、徳之島に「NO!」首相オソマツ軍事知識に周囲驚愕

 米軍普天間飛行場移設問題で、米国が海兵隊部隊の鹿児島県・徳之島への一部移転に難色を示していることが分かった。鳩山由紀夫首相は4日の沖縄訪問で全面的な県外移転断念を表明し、「約束を守れ」「恥を知れ!」などと猛烈な批判を浴びたばかり。徳之島活用案も断たれれば、責任追及の声は一段と高まりそうだ。
(中略)




俺は沖縄に米軍がいてよかった~って思ってるんだけどね

もし沖縄に米軍がいなかったらたぶん
1950年代に中国に侵略されて今頃はチベットみたいになってたかもしれない

そりゃそうだよ
チンピラ国家にすぎなかった韓国に竹島を侵略されて
日本は何もしなかったんだから

それを見た中国が黙ってるはずはない
よろこんで沖縄に侵攻しただろう

今でもそうだ

沖縄に米軍がいるから中国は尖閣に手を出せない

最低限の軍事知識ぐらいあった方がいいんじゃないの