Patriot Game 強さの意味
2010年03月24日 (水) | 編集 |
読売新聞
「最大の核抑止力は憲法9条」予算委で福島氏

 米国の核抑止力を巡り、23日の参院予算委員会集中審議で、鳩山首相が「日本に必要だ」とし、社民党党首の福島消費者相が「日本の最大の抑止力は憲法9条だ。(9条が核を)日本に撃ち込ませてこなかった」と主張して、見解の相違が表面化した。

 自民党の佐藤正久氏の質問に答えた。

 福島氏は「核の傘に守られていると言うより、核廃絶に向けて頑張るべきだ」とも強調、佐藤氏が「今の発言は党首としてか、閣僚としてか」と問うと、「閣僚としての発言は差し控える」と答弁し、委員会は一時中断。再開後、福島氏は「米国の核抑止力について、社民党の見解と(内閣の見解は)違うが、閣僚として従う」と語った。




>「日本の最大の抑止力は憲法9条だ。(9条が核を)日本に撃ち込ませてこなかった」


平和主義者や反核論者がよく言うセリフだが

憲法9条がなくて核を撃ち込まれたところがどこかにあるのか

核攻撃を受けたのは日本以外にどこにもない

こんなバカな事を言うから

俺は平和主義者どもめらが大嫌いだ

スポンサーサイト


2010年03月23日 (火) | 編集 |
産経新聞
スピルバーグ氏ら3監督を無断で理事に記載 黒澤明財団

 映画界の巨匠、故・黒澤明監督の記念館を建設するために設立された財団法人「黒澤明文化振興財団」(佐賀県伊万里市)が寄付金約3億円を流用していた問題で、ジョージ・ルーカス氏やスティーブン・スピルバーグ氏ら海外の著名な映画監督3氏が黒澤財団の理事に名を連ね、3氏から財団に苦情が届いていたことが23日、分かった。財団側が3氏の承諾なしに理事として法人登記簿に記載した可能性がある。

 ■ずさん運営、佐賀県が改善命令へ

 また、3月末までに理事会を開かなければ、監督官庁である佐賀県が財団に対し改善命令を出す方針を固めたことも判明。ルーカス氏らを日本に呼んで理事会を開くことは現在のところ極めて困難で、財団のずさんな運営が浮き彫りになっている。
(中略)




「クロサギ」を読んでた俺からすれば一目瞭然

どう見てもただの

本当にありがとうございました




2010年03月15日 (月) | 編集 |
笑ってしまったシーンがあった。
名前を忘れたので仮にチベットさんと呼ぶ。
もう1人女性の名前も忘れたので仮に中子さんと呼ぶ。

チベットさんが中子さんにチベットでの民族浄化を謝罪しろと言うと
中子さんは私がやったわけではないと拒否した。
確かに彼女の言う通りなのだが
チベットさんが、それじゃ日本人を責める資格はないと言うと
それは困ると応酬した。

中国人の本性が炸裂して笑ってしまった。

中国共産党のエリート工作員なのにちょっとおバカなんだよねこの人。

この前は、日本国憲法を捏造しようとして一瞬にして論破されるし。

日本人はそんなに甘くないですよ。



2010年03月11日 (木) | 編集 |
産経新聞
高校無償化 朝鮮学校、一転適用へ 教科書は金総書記の決裁必要

朝鮮学校は無償化すべきだ!

参考画像
【総聯結成50周年 在日同胞大祝典】

2005年に行われた総聯結成50周年 在日同胞大祝典の模様

場所は東京朝鮮中高級学校

画像:C.I.L



2010年03月08日 (月) | 編集 |
産経新聞
【アカデミー賞】イルカ漁隠し撮りの「ザ・コーヴ」受賞に太地町「事実誤認、怒り覚える」

 第82回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を7日(日本時間8日)受賞した米映画「ザ・コーヴ」。撮影の際にイルカ漁を隠し撮りされた古式捕鯨発祥の地、和歌山県太地町では「怒りを覚える」といった反発の声が上がった。

 ザ・コーヴは、スタッフが太地町内の立ち入り禁止区域に侵入し、模型の岩を持ち込んで隠しカメラを設置。十数隻の船団が映画の題名にもなった入り江にイルカの群れを追い込んだ上、漁師が鉄の棒で次々と突き、海面が真っ赤に染まる場面を映し出した。

 アカデミー賞について、太地町漁協の幹部は「何を言っても映画の宣伝になるので、取材には応じられない」と事実上の取材拒否。「われわれを『ジャパニーズ・マフィア』と呼ぶなど事実誤認も甚だしい。怒りを覚える」と電話を切った。イルカは鯨類に分類されるが、国際捕鯨委員会(IWC)の管轄外。太地町では昔からイルカ漁も盛んに行われている。




アメリカの捕鯨はいい捕鯨

日本の捕鯨は悪い捕鯨

この常識を変えられませんよ



2010年03月01日 (月) | 編集 |
ガジェット通信
【女子フィギュア】議員が「僅差じゃない。大差の金と銀。韓国に日本は完敗」と発言し大炎上

衆議院議員の城内実氏が冬季五輪のメダリスト、キム・ヨナ選手と浅田真央選手の闘いにブログで言及し、それを読んだ人たちから批判の声が殺到。ブログが大炎上している。城内議員はキム選手が金メダルで浅田選手が銀メダルだったことに対し、「僅差やどんぐりのせいくらべの金と銀ではない。大差の金と銀であった」等のコメントしたためである。
(中略)




書いてる事は事実なんだけどね

俺にはフィギュアのことはわからんが戦略、戦術については少しわかる

キム・ヨナ選手と浅田真央選手には戦略に決定的な違いがあった

浅田真央選手は自分のできる最高のことをやったのに対して
キム・ヨナ選手は勝利するために必要なことをやったことだ

前にも書いた事があるがオリンピックは戦場だ

自分の力を出し切った者が勝利するのではない

他者を打ち負かした者が勝利する

その点で浅田選手は戦う前から不利な状況だったが
それをトリプルアクセルという武器で一点突破に賭けた

そして敗北した

韓国は国家意思として選手育成をおこない
日本は仕分けをおこなった

しかも学校では競争することを教えない

選手団長はオリンピックは教育の場などとのたまう始末

最初から勝敗は決していたといっても過言ではない

浅田選手はそんな圧倒的環境差の中で銀メダルを獲ったのはすばらしい事だが
完敗したのは事実

城内議員がそこまで理解して発言したのならそれは正しい

後は議員としてやるべきことをやってくれるだろう

閉会式の選手の笑顔を見て涙が出そうになったがこれだけは言いたい

選手のみなさん、本当にありがとう