Patriot Game 強さの意味
2009年05月29日 (金) | 編集 |
産経新聞
「日本車お断り」 中国・重慶に「抗日スタンド」登場

「当スタンドは日本車には給油しません」-。こんな看板を掲げた奇妙なガソリンスタンドが中国重慶市に現れ、地元カーマニアのサイト「汽車(自動車の意)中国車友会」で話題になっている。この看板には「惨殺された2000万人の同胞のため」と“理由”も添えられている。

 いわば「抗日」を売りにしたものだが、このサイトによると、経営者の劉登雲氏は、「中国人の国民意識は低すぎる。経済発展したとしても歴史を忘れてはならず、感覚麻痺(まひ)した人を覚醒(かくせい)させなければならない」と話したという。劉氏は看板を取り外すよう圧力がかかった場合は、訴訟に持ち込む考えも表明している。

 このスタンド登場を写真入りで伝えたサイトには、「よくやった!」「実際の行動を基礎とせよ(日本車お断りを実行せよ)」といった書き込みが相次ぎ、支持が広がっている。




2000万か・・・

アメリカ軍が東京大空襲で10万人殺したときは
爆弾33万発ばらまいた
広島長崎で30万人殺したときは
核爆弾2個

すると2000万殺すには約133個

すげええええ!
日本軍凄すぎる!!

連合軍に劣る旧式の装備しか持ってないのにこの破壊力
戦争に負けたってウソなんじゃないの

実は負けたのは連合国で
「これぐらいにしといてやる」
とか言ってるだけなんだろ

謝罪も賠償も必要なかったのか



スポンサーサイト


2009年05月28日 (木) | 編集 |
毎日新聞
毎日・北九州フォーラム:岸井成格・毎日新聞特別編集委員が講演 /福岡

 ◇「世界と日本は転換期」
 小倉北区のリーガロイヤルホテル小倉で27日に開かれた「第6回毎日・北九州フォーラム」(北九州地域懇話会、毎日新聞社主催)。演題は「混迷政治から読み解く世界と日本」で、毎日新聞の岸井成格(しげただ)特別編集委員(64)は、聴衆約700人を前に現在の政局や世界の動きを熱く語った。【長谷川容子、太田誠一】

 東京都出身の岸井氏は熊本支局を振り出しにワシントン特派員や政治部長、論説委員長などを経て現職。国内外の政治や外交に詳しく、各界の著名人で組織する「新しい日本をつくる国民会議」(通称・21世紀臨調)の運営委員やテレビのコメンテーターも務めている。

 岸井氏はまず、世界が注視する北朝鮮の核実験に言及。「北朝鮮の瀬戸際外交の本質は、核とミサイル開発のための時間稼ぎ。世界は今まで、核やミサイル開発をやめるよう要請してきたが、すでに持ったとなると次元が異なる」と指摘。目的は国威発揚や米国との直接交渉などが考えられるが、日本に対して「目覚めさせることを意図している」と話した。

 背景として岸井氏は「日本は北朝鮮と戦後処理をしていない。国交正常化して平和条約を結ぶと、(賠償金として)経済協力の形で、韓国に出しただけは払わなければならない。現在の額では1兆円」と説明した上で「日本を脅し『もうミサイルを撃たないでくれ』と言われて初めて交渉が成り立つという考え方。これを知らないと出方を読み切れない」と訴えた。
(中略)




>日本は北朝鮮と戦後処理をしていない

はあ?
日本と朝鮮は戦争してないけど戦後処理って何なの

俺は知らないんだけど
欧米諸国が植民地を放棄したとき
どんな謝罪と賠償したの
教えてくれないかな




2009年05月26日 (火) | 編集 |
ロイター
日米首脳、強い安保理決議採択で一致=官房長官

 河村建夫官房長官は26日午前の会見で、麻生太郎首相がオバマ米大統領と電話会談を行い、北朝鮮の核実験に対して、国連安全保障理事会で強い決議を採択し国際社会の意思を明確にすることが重要であることで一致したことを明らかにした。
 また、「日・米・韓で緊密に連携していくこと、中国・ロシアとも連携していくことが大切である」ことも確認。北朝鮮が2回目の地下核実験を行ったことに対して両首脳は、「北東アジア、国際社会への平和と安定に対する重大な脅威であり、安保理を含め国際社会におけるこれまでの働きかけを無視し北朝鮮が再び核実験を実施したことは深刻な事態であり、断じて容認出来ない」との見方で一致したという。




日本も直接的核抑止力を持つべきです
方法はあります
国内の米軍基地に核ミサイルを配備すればいいのです
もっと簡単な方法は
核搭載艦を日本に寄港させとけばいいんです

米軍基地や米艦内はアメリカ領土とみなされ
日本の主権が及ばない治外法権です
非核三原則に触れることなく
核抑止力を手に入れられます

お花畑の人たちには理解できないでしょうけどね



2009年05月23日 (土) | 編集 |
サンケイスポーツ
韓国の盧武鉉前大統領が死亡 警察が確認

 韓国の聯合ニュースは23日、盧武鉉前大統領が同日、自殺を企てたもようで、警察が同大統領の死亡を確認したと報じた。

 ニュース専門番組のYTNも同日午前9時半過ぎ、番組の途中で盧前大統領が健康異常で入院したと緊急ニュースを伝えた。

 聯合ニュースによると、同大統領は同日午前、登山中に滑落したもようだ。





今までありがとう

ノム


2009年05月21日 (木) | 編集 |
産経新聞
「マスク」 新型インフルエンザで需要急増 予防効果なし!?「過剰防衛」

 ■効果の認識 国内外でズレも

 新型インフルエンザの感染拡大で、マスク姿の人があちこちで目立つ。手のアルコール消毒に加え、マスクの着用を求めるケースもみられる。しかし、日本などアジア諸国で見られるそのマスク姿も、欧米ではほとんど見られない。「予防対策にはマスク」という衛生習慣を持つ日本との認識のズレか。それともマスクには予防効果がないのか-

「格好悪い」

 都内に住む女性会社員は4月27日から30日まで、仕事で米ニューヨークに滞在。4日間、地下鉄とバスで、5番街やタイムズスクエア、マンハッタン南部のウォール街やソーホー地区などを訪れた。繁華街のほか、買い物客で混雑する人気衣料品店、有名レストランにも足を運んだが、マスクをしている人は皆無だった。

 滞在中、朝のテレビ番組では連日、新型インフルエンザ関連のニュースが流れていた。しかし、感染の広がりの端緒となった都市とは思えないほどの平静さに驚いた。予防のため、日本からマスク5枚を持参したが拍子抜け。ニューヨークで働く米国人男性は「怖がる必要はない病気でしょ。マスクは格好悪いからしていない」と、いたって冷静だった。

 逆にマスク姿を笑われる事もあった。マンハッタン南部からブロードウェーへ続く地下鉄に乗ったとき、地下鉄構内の空気が悪かったため、マスクをしていた。すると、前に座っていた少年が自分を見て笑う。その笑い声で車内の他の乗客からも視線を向けられ、思わず「インフルエンザに感染したと思われたかも」と焦った。

 「インフルエンザじゃないよ」と話しかけると、「マスクが鳥のくちばしみたいで面白い」と返ってきた。
(中略)




ニュース番組やワイドショーで鳥インフルだー!H5N1型だー!と騒いでいた頃
インフルエンザの専門家が
H5N1型の新型インフルエンザの可能性は低い
2006年に対策が進んだから
こんな議論をしているのは世界で日本だけと言っていた

その先生はこうも言っていた
マスクは感染者がつければ撒き散らすウイルスの量を減らすが
ウイルスを防ぐというデータはない
つまりマスクは
「私は感染者です、近づかないでください」と
アピールしているようなもの

それにウイルスは粘膜に付着すると
10分で体内に浸透するので
家に帰ってから「うがい」しても意味ないって

ほんとマスコミはくそ



2009年05月14日 (木) | 編集 |
産経新聞
「反対…でも守って」 海自がピースボートを護衛 ソマリア沖

 海賊対策のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛したことが13日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張とのギャップは議論を呼びそうだ。

 海自の護衛艦2隻は11日から13日にかけ、ソマリア沖・アデン湾を航行する日本関係船舶7隻を護衛。うち1隻がピースボートの船旅の旅客船だった。ピースボートは社民党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。船旅は寄港地のNGO(非政府組織)や学生らと交流を図ることなどを目的としている。

 66回目となる今回の船旅は約3カ月半に及ぶ地球一周で、北欧5カ国とフィヨルドを巡るのが目玉。約600人が参加し、4月23日に横浜港を出発後、中国とシンガポールに寄港。ピースボートのホームページには船旅の最新リポートとして、デッキで催されたフルーツパーティーの様子が掲載されている。

 ピースボート事務局によると、船旅の企画・実施会社が護衛任務を調整する国土交通省海賊対策連絡調整室と安全対策を協議し、海自が護衛する船団に入ることが決まったという。

 ピースボートは市民団体による海自派遣反対の共同声明にも名を連ねている。事務局の担当者は「海上保安庁ではなく海自が派遣されているのは残念だが、主張とは別に参加者の安全が第一。(企画・実施会社が)護衛を依頼した判断を尊重する」と話している。




おいおい、憲法9条があれば無問題じゃないのか

まさに日本の縮図だな
ばかが自衛隊反対を唱えながら船内でパーティーして
外では自衛隊が守ってる

こいつらの正体がよくわかる

けどこの人たちはこれが仕事だからな
自衛隊の人たちが気の毒でしょうがない

しかし憲法9条があっても安全は保障されないということを
身をもって証明してくれた
それだけでもよしとするか
そうでなきゃやりきれん



2009年05月13日 (水) | 編集 |
朝日新聞
「丸刈りやめろ」少年野球の監督殴った疑い 組長ら逮捕

 少年野球チームの丸刈りをめぐるトラブルで監督を殴ったとして、神奈川県警暴力団対策課と旭署は12日、指定暴力団稲川会系組長、林政治容疑者(41)=横浜市旭区=と同組員の吉村元容疑者(40)=同=を暴力行為等処罰法違反容疑で逮捕したと発表した。

 同課によると、林容疑者らは1月27日午後10時50分ごろ、同容疑者の息子が所属していた少年野球チームの監督の男性(46)=同=をホームグラウンド近くの路上に呼び出し、顔を殴るなどの暴行を加え「恥をかかせやがって。ぶっ殺すぞ」などと脅迫した疑いがある。

 野球チームの選手は全員が丸刈りにすることになっていたが、林容疑者が監督に「時代遅れだからやめよう」と言い、了解が得られたと思って保護者や選手たちに伝えていた。その後、監督が「(やめることを)許可していない」などと言ったことからトラブルになったという。




イケメンは丸刈りでもイケメン
そうだよなぁ、スコフィイルドォ~



2009年05月04日 (月) | 編集 |
彼は真の漢だった