Patriot Game 強さの意味
2009年02月27日 (金) | 編集 |
産経新聞
竹島問題こっそり韓国に抗議 日本政府、公表せず

 韓国の「2008年度版・国防白書」が日本の竹島を韓国の領土と記述し、表紙などに竹島を背景にした写真を掲載していることに対し、日本政府は在ソウル大使館を通じ韓国政府に抗議し、東京でも韓国大使館の担当者を呼び抗議した。抗議は白書が発表された23日に行われたが、日本政府は公表せず、抗議は韓国世論をはじめ対外的にはまったく知られていない。

 日本大使館によると、ソウルでは駐在武官を通じ韓国国防省に伝達し、東京では韓国大使館参事官を外務省に呼び抗議したという。韓国政府は昨年9月、日本の「防衛白書」をめぐる同様の問題では日本大使館公使を外交通商省に呼び抗議するとともに、日本非難の公式論評を発表している。

 日韓が領有権を争っている竹島(韓国名・独島)問題では、韓国政府は終始、日本への非難や抗議を内外に積極的に発表しているのに対し、日本政府(外務省)は「韓国世論を刺激してはいけない」(日本大使館筋)として韓国への非難や抗議は公表しない姿勢を取り続けている。




害務省は糞


スポンサーサイト


2009年02月21日 (土) | 編集 |
産経新聞
大失態「警察が作った偽札」市中に流通 韓国、誘拐事件身代金に用意

ソウル市内のパン屋の女性店長(39)が誘拐された事件で、犯人側に渡す身代金として警察が用意した偽札が市中に出回り、大騒ぎになっている。承認なしに紙幣を勝手に偽造された韓国銀行側は当惑し、警察側は「類がない」と対処に苦慮している様子だ。

 事件は今月11日夜、起きた。店じまいをしていた女性店長が2人組の男に誘拐され、犯人は店長の夫に身代金7000万ウォン(440万円)を要求した。通報で警察も捜査を始め、身代金用などに保管していた12億ウォン(7600万円)分の偽造紙幣のうち、ニセの1万ウォン札7000枚分を利用することになった。

 “身代金”を入れたカバンにGPS(衛星利用測位システム)を装着し、受け渡し現場には48人の警察官を配置した。身代金と引き換えに女性は解放されたが、偽札を持ってオートバイで逃走する犯人を追跡中に取り逃がしてしまった。

 犯人は17日になって、偽札に気付いたらしく、身代金のうち700万ウォン分の偽札を使い、ソウル市内のバイク店で中古バイクを購入。その後、別の中古バイク店で「資金が急に必要になったので処分したい」とバイクを売り払い、現金400万ウォンを受け取った。

 偽札を使われたバイク店の店員によると、偽札は100枚ずつ帯封がされ、銀行の封筒に入っており、銀行から引き出してきたように見えたという。

 事件を受け、被害を受けた店側の損害賠償問題が議論の的になっている。国家機関が作った偽紙幣での被害の前例がないからだ。犯人の1人は偽札を持ったまま今も逃走中。警察側はこれ以上偽札を使われないよう、犯罪者の人権擁護のため通常は非公表にしている犯人の顔写真まで公開して行方を追っている。




韓国だもの

それにしても警察が偽札を作っているとは
他の事に使ってないのかな



2009年02月14日 (土) | 編集 |
ZAKZAK
60代のナンパ税徴収担当職員、訪問先の女性に…

 佐賀市の60代の国民健康保険税徴収担当の男性嘱託職員が、訪問先の女性をデートや食事に誘っていたことが13日、分かった。市は服務規定に反したとしており、職員は昨年12月17日付で依願退職した。

 市によると、職員は昨年9―10月に計3回、徴収で女性宅を訪れた際などに「デートに行こう」「食事に行こう」と誘った。女性が11月、市役所に納付方法を変更してほしいと申し出たことから発覚した。女性は「精神的苦痛で眠れない」と訴えていたという。

 職員は2006年8月に採用。別の女性一人にも同様のことを行ったと認めている。「軽々しい気持ちで不用意に誘ってしまった」と話しているという。




結局誰一人として責任をとってない
佐賀っていいところだなあ~

そういえば昔佐賀に行ったことあるけど
佐賀駅のプロムナードの中を
自転車が走ってたんでびっくりした
さすがさが



2009年02月08日 (日) | 編集 |
中日新聞
中国、チベット弾圧強化 来月10日、動乱50年

 【北京=平岩勇司】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世の亡命につながったチベット動乱から50年となる3月10日を前に、中国当局がチベット自治区などで弾圧や監視を強化していることが、現地関係者の話で分かった。市民らはチベット仏教の正月となる今月下旬に弾圧犠牲者の「喪に服す」行動を取り、抗議の意思を示す考え。3月10日には大規模な抗議行動や暴動が再燃する可能性もあり、現地の情勢は緊迫している。

 関係者によると、区都ラサ市では今年に入り、大量の監視カメラが増設され、重装備の武装警察が巡回。僧侶らの抗議行動が暴動に発展した昨年3月と同レベルの厳戒態勢を敷いている。

 1月には自治区東部の昌都県で「チベットに自由を」とスローガンを掲げた3人の若者が逮捕され、1人が取り調べ中に死亡。ダライ・ラマをしのぶ歌を聴いた女性が「反動的」と逮捕されるなど、大量の市民が拘束されているという。

 昨年の抗議行動で逮捕された市民も、見せしめ的に次々と実刑判決を受けている。抗議に参加した市民が射殺された四川省アバチベット族・チャン族自治州では、司法幹部の女性(30)が「暴動で死者が出た」と知人にメールを送ったことで懲役5年の判決を受けた。

 これに対しチベット市民らの間では、チベット仏教で正月となる今月25日、抗議のため新年を祝う行為を自粛する動きが進んでいる。アバ自治州では漢民族らの春節(旧正月)だった1月下旬、民族衣装を着た約1000人の市民が寺院で無言の座り込みをした。

 この動きを「敵対行為」とみなす当局は、チベット人居住地域で新年を祝う爆竹を無料で配り「新年を祝福しなければ拘束する」と指示した。




日本の平和団体のみなさーん!
出番ですよー!!




あれ、

( ゚д゚)だれもいない・・・



2009年02月01日 (日) | 編集 |
ロケットニュース24
インド人「押し売りされそうになったら韓国人だと言おう」

ヨーロッパのターミナル都市といえばフランクフルトだが、アジア最大のターミナル都市といえば、タイのバンコクだ。フランクフルトもバンコクも、多くの世界各国の航空機が発着するマンモス空港があり、中継地点として重要な役割をはたしている。

そんな多くの旅行者が訪れるタイのバンコクだが、旅行客が多いということは観光業をしているタイ人も多く、観光客を狙ってボッたくる商人も数多くいる。特に嫌なのがしつこい押し売りだが、そんな押し売りを回避する方法があるのだという。


英語でもその国の言葉でもいいので、押し売りされそうになったら「私は韓国人です」と言えば、商人たちはそそくさと立ち去っていくという。また、このワザはインドやカンボジア、ベトナム、中国でも有効で、「私は韓国から来ました」「韓国人ですが何か?」というだけで、押し売りたちがいなくなるという。

なぜなら、観光客相手に商売をしている人たちは韓国人をドケチだと思っており、日本人をカモだと思っているからだ。なんでも、韓国人はスッパリと「イラン!」「買わねーっ!」と言うらしく、とにかく金払いが悪いのだとか。その反面、いらないのに体裁を気にして愛想笑いをしてしまう日本人は、カモになっている。

このことについて、外国人を相手に観光ガイドをしているインド人はこう語る。「私は日本人の観光客にこう言うんです。押し売りされそうになったら韓国人だと言おうって」。また、これは押し売りから逃げる技として、アジアでは常識なのだという。また「韓国人といいなさいと教えたら、本当の韓国人だった」という失敗もあったとか。

とにかく、この技は有効なのはわかった。確かに旅行に行くと「ジャパニー? チャイニー? コリアー?」と聞かれることが多い。しかし韓国人からすれば、国民をばかにしていると思うかもしれない……。




韓国人と名乗るくらいならぼったくられたほうがまし

ちなみに聞かれてもないのに日本人と名乗るのは韓国人
これ豆知(ry