Patriot Game 強さの意味
2008年01月23日 (水) | 編集 |
スポーツナビ
三崎和雄vs.秋山成勲の一戦はノーコンテストに変更=やれんのか!

 昨年大みそかにさいたまスーパーアリーナで開催された「やれんのか! 大晦日! 2007」で行われた三崎和雄と秋山成勲の試合判定をめぐって秋山陣営から抗議文が提出された問題で、大会実行委員会では協議を行った結果、三崎がグラウンド状態の秋山の頭部を蹴った行為は「ルールに抵触している」と判断し、ノーコンテストの裁定とした。
[続きを読む...]
スポンサーサイト


2008年01月13日 (日) | 編集 |
西日本新聞
ゲームと上手に付き合おう 八代・宮地小 児童と保護者ら勉強会

 子どもとゲームの上手な付き合い方を考えようという勉強会が12日、八代市宮地町の宮地小学校であった。携帯ゲーム機などが急速に普及する中、同小PTA(井上勝馬会長)が教育的な対策として企画、同小児童や保護者ら約70人が参加した。

 同PTAによると、近年、携帯ゲーム機は品薄状態が続くほど爆発的に売れ、社会現象化している。半面、ゲーム普及に伴う家庭での対話不足や学力低下を懸念する声も多く、県PTA連合会は、週1日はゲームをせず、テレビも見ない「ノーゲーム・ノーテレビ」運動を展開。同PTAは、運動の一環で勉強会を企画したという。

 勉強会では、ゲームによる脳波への影響などをまとめたデータを寸劇で紹介。ウサギやクマなどの着ぐるみ姿の会員らが「勉強の合間の気分転換に使う程度なら大丈夫。でも、あまり夢中になると『ゲーム脳』になってしまい、成績が下がったり、怒りっぽくなる」と啓発した。
(中略)




今ごろゲーム脳とかいうニセ科学を信じている○チガイがいるとは
もう霊感商法の域に達しているな
ゲームばっかりするな!と親がしつければすむ問題なのに
責任放棄の根拠をニセ科学に求めるクソどもにはあきれ果てる




2008年01月11日 (金) | 編集 |
産経新聞
新テロ特措法が成立 57年ぶり再議決

 インド洋での海上自衛隊による補給活動を再開するための新テロ対策特別措置法案は11日午前の参院本会議で、民主、共産、社民各党の反対多数で否決され、即座に衆院に返付された。衆院は11日午後、憲法59条に基づき本会議で法案を再議決し、自民、公明両党など3分の2以上の賛成多数(賛成340、反対133)で可決され、成立した。昨年7月の参院選での自民党大敗で生じた衆参両院で与野党議席が逆転する「ねじれ国会」により、最大の政治課題となった自衛隊の派遣継続問題はようやく決着した。
(中略)




対米追従だとか戦争協力だとか言ってる連中がいるけど
シーレーンを守るためには部隊を送るという決意の表れでもある
一番恐ろしい事態は
「オッス!おら中国、日本の代わりに給油すっぞ」
こんな事にならなくてほんとによかった


2008年01月01日 (火) | 編集 |
第5試合 ○三崎和雄(1R8分12秒 KO)秋山成勲●

大みそかの夜に勧善懲悪劇だ。2006年大みそかの桜庭和志戦の全身クリーム塗布違反でヒールと化した秋山成勲(32)=フリー=が、対戦相手の三崎和雄(31)=GRABAKA=から強烈なリング上制裁を受けた。2万超大観衆の大ブーイングを浴びながら1回中盤に先制ダウンを奪ったが、三崎の左フックに沈み1回8分12秒、痛恨の逆転KO負け。鼻骨骨折の疑いで診察も受け、文字通り鼻っ柱を折られる皮肉な結末を迎えた。

 秋山が、アウェーのリングでボコボコにされた。1回8分過ぎの衝撃だ。三崎の放った電光石火の左フックに尻もちをついてダウン。直後、無防備の顔面に、非情のサッカーボールキックを浴び、マットに沈没した。大ブーイングは三崎の勝利を喜ぶ大声援に変わり、絵に描いたような勧善懲悪劇が、大みそかの夜に起きた。

 秋山は06年の大みそかの桜庭戦で全身に保湿クリームを塗る違反を犯し、格闘界永久追放の危機に追い込まれた。入場時には元柔道出身の礼儀から、いつものように、9人のセコンド陣とともに土下座。謝罪の意味も込めたのか? これでみそぎをすませたかのように思われたが、ファンは厳しかった。火に油を注ぐかのように、試合直前の選手紹介VTRも強烈だった。クリーム瓶の映像が随時織り込まれ、秋山は「亀田」「朝青龍」とともに「2007年3大バッシング男」と紹介された。ゴングを前に場内は「ヌルヌル野郎!」「帰れ!」などの怒号が渦巻いた。

 超アウェーのリング。それでも秋山は、逆風をみじんも感じさせない精神力を発揮した。背中に突き刺さる罵声(ばせい)を完全無視。1回6分過ぎには、左フックから返しの右ストレートで先制ダウンを奪い、会場に悲鳴をとどろかせた。だが、プロ7年の叩き上げのPRIDEウエルター級王者の方が一枚上手だった。
(中略)




明けましておめでとうございます
我が大韓民国最高の秋山さん
本当にありがとうございました