Patriot Game 強さの意味
2016年07月24日 (日) | 編集 |
東スポWeb
「ポケモンGO」でウハウハのハズが…任天堂異例声明の裏

 任天堂などが開発し、世界30か国以上で空前のブームとなっているスマートフォン向けアプリ「ポケモンGO」が22日、ついに日本で配信された。街は大勢の人であふれ返ったが、同時にトラブルも頻発。高速道路付近にポケモンが出没したほか、宮城県では中国人2人が市営住宅の敷地内に無断で侵入し、警察が出動する事態となった。そんななか、任天堂は同アプリについて「連結業績に与える影響は限定的」と異例の声明を発表。ウハウハなはずなのに一体なぜ? その裏には“巨額訴訟リスク”があるという。

 ついに日本解禁となったポケモンGO。都内では年齢、国籍問わず大勢の人がスマホ片手にさまよっていた。その光景を見る限り、日本でも空前のブームになることは間違いない。

 だが、同時に苦情も相次いでいる。高速道路や用水路付近にポケモンが出没。今後、むちゃするユーザーが現れないとも限らない。

 首相官邸の入り口や国会内でも発見され、菅義偉官房長官は会見で「重要施設のセキュリティーは極めて大事。しっかり対応したい」とコメント。原子力規制委員会はユーザーの立ち入りを想定し、監視カメラの強化を要請している。
(中略)




そりゃ任天堂は例え儲かっても喜んじゃいられんだろ

ある外資系金融マンが言ってたけど

ゲーム自体を開発したのはアメリカの会社

任天堂はキャラを提供しただけ

任天堂自身で開発ができないことが問題

日本にはキャラはあってもコンテンツの使い方がわかってない

ソフト開発能力のなさを露呈したケース

だから市場的には株価は下がってもおかしくないとか

俺もそう思う

もはや日本が世界をリードするゲームを開発することはない

クールジャパンの正体はこんなもん(´・ω・`)


スポンサーサイト


2015年03月21日 (土) | 編集 |
J-CASTニュース
任天堂、ゲーム専用機から3~5年以内に撤退  ロイターの大胆予測がネットで話題に

任天堂とDeNAの資本・業務提携をきっかけに、あることが囁かれ始めた。業績低下に苦しむ任天堂がスマホゲーム市場に転換し、ゲーム専用機事業を縮小するのではないか、というのだ。海外の大手通信社などは3~5年以内にゲーム専用機事業から撤退する、などと報じた。

任天堂は1983年の家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」の発売以降、自社で開発したハードで自社開発のゲームソフトをプレイさせるという戦略を貫いてきた。しかし、国内の家庭用ゲーム市場が縮小を続けるなかで、スマホゲームは7000億円規模と家庭用ゲームの倍に成長し、任天堂もこれを無視できなくなった。スマホゲーム参入によって、従来の戦略が大きく転換することは間違いないのだ。

任天堂とDeNAが資本・業務提携するきっかけとなったのは2010年6月、DeNAが任天堂に対し自社のソーシャルゲーム「モバゲー」に任天堂のキャラクターを出してほしいと打診したことが始まりだったという。ただし、当時の任天堂にとって他社に自社のゲームコンテンツを出すなど考えられないことで、スマホゲームへの参入もずっと否定してきた。

  2015年3月17日の記者会見で任天堂の岩田聡社長は、スマホゲームが人気だから資本・業務提携をしたわけではない、などと語った。DeNAと一緒にどんな事業ができるかが第一にあった、とした。両社の役割分担としては、任天堂がゲームの企画や開発を担当し、DeNAはサーバーの開発や運営、顧客情報の分析が主になるとしている。岩田社長はスマホゲーム参入に関して「たまたま」のような言い回しをしたが、それは任天堂特有の表現方法であり、実際は尻に火が付いて手を伸ばしたものだと分析する人もいる。ちなみにゲーム業界はゲーム専用機、パソコン、アーケード、スマホ(モバイル)の大きく4つに分類され、任天堂はこれまで家庭用ゲームだけだった。
(中略)




据え置きが消えるとか言ってるけど海外ではスゲー売れてるけどね

昔はゲームは日本が中心だったけど今はローカルにすぎない

任天堂の方針変更でさらにガラパゴス化が加速するかもしれない

俺はメインストリームに乗ってるから全然困らない

「Dying Light」おもしれー 日本語版が楽しみ( ^ω^ )



2015年02月26日 (木) | 編集 |
①チャレンジャー(挑戦者)……ゲームで自分の知能、反射神経、判断能力などの能力を総合的に試したいプレイヤー。
 (例)FPSプレイヤー、格闘プレイヤーなど対戦系のゲームに多い。一人用ゲームでは縛りプレイに走ることも。ちなみに実際に上手であるかどうかは関係ない。
②ランナー(走者)……素早くクリアすることを何より優先するプレイヤー。
 (例)同じ面を何度もプレイしているのに飽きもせずさらなる時間短縮を目指す人がいたらそれがランナーだ。
③ロールプレイヤー(演者)……意識してか、無意識にか関わらずゲーム内のキャラになり切るプレイヤー。
 (例)ゲーム内で特にペナルティもないのに善良な人からの窃盗や犯罪行為に躊躇している人がいたら、それはロールプレイヤーだ。
④ウォッチャー(傍観者)……ゲーム自体よりも物語や演出などを見ることに重点を置くプレイスタイル。
 (例)急いで先へ進んでいるのにムービーを飛ばさない人がいたら、それがウォッチャーだ。
⑤スクライブ (探求者)……ゲーム内の文書等を集めて裏設定を知ったり、推測することに達成感を感じるプレイスタイル。
 (例)バイオハザードでFILEを集めていたり、RPGで用語集や作中書籍を興味深そうに読んでいる人がいたら、それがウォッチャーだ。
⑥スカベンジャー(収集者)……アイテムが落ちていたらとりあえず拾ってしまうプレイスタイル。無価値なアイテムでも取得するという行為そのものに快感を覚える。
 (例)無価値なアイテムしか落とさないとわかっているのに、ついつい拾ってしまう人がいたらそれがスカベンジャーだ。ちなみに経験値をアイテムとみなすと、
    ひたすらレベル上げに勤しむ人も一種のスカベンジャーだと言える。
⑦コンプリーター(完結者)……ゲーム内で達成できる要素、トロフィー、実績などをすべて回収するプレイスタイル。
 (例)ゲーム中に表示される「達成度」の数値が気になってしかたなく、一度100%まで終えるととたんに飽きてしまう人がいたら、それがコンプリーターた。
⑧クラウン (道化)……現実ではできないような馬鹿な行動をして楽しむプレイスタイル
 (例)GTAシリーズでメインストーリーを全然進めていないのに街中でロケットランチャーをぶっ放して警察に追われている人がいたら、それがクラウンだ。
⑨ラバー(恋人)……ゲーム内のキャラに愛着を持つプレイスタイル。キャラ萌え。
 (例)弱いキャラなのに「好きだから」という理由だけでパーティからはずさない人がいたら、それがラバーだ。
⑩テスター(試験者)……ダメージ計算式、アクションのフレーム、裏技、バグなど、ゲームのメタ知識を知ることに快感を覚えるプレイスタイル。
 (例)なんども違う方法で敵に攻撃しながら、いちいちダメージの数値をメモしていたり、普通ではやらないデバック作業のようなことをしている人がいたら、それがテスターだ。
⑪レビューアー(批評する者)……ゲームプレイそのものよりも、ゲームを通じての意見交換や、コミュニケーションに楽しみを見出すタイプ。
 (例)ゲームしている時間よりも掲示板に感想を書き込む時間のほうが長い人がいたら、それがレビューアーだ。
⑫マサクル(虐殺者)……ひたすら敵を倒し続けることに快感を見出すタイプ。ダウンとコンボが切れることが何より嫌い。
 (例)戦わなくてもいい敵にまで突っ込んでいく人がいたら、それがマサクルだ。




俺はスカベンジャーとコンプリーターだな

だからオブリビオンがまだ終わらない(´・ω・`)

オブリビオンの後スカイリムやろうと思ってたけど待ちきれなくてやり始めた

GTAも達成率100%になったら飽きて警察と追っかけっこばっかりやってる

でもゲームってやっぱりおもしろい( ^ω^ )



2014年07月03日 (木) | 編集 |
GameBusiness.jp
「暴力的なゲームはプレイヤーのモラルを促進する」―米大学助教が研究結果を発表

米国のニューヨーク州立大学バッファロー校助教Matthew Grizzard氏より、「暴力的なゲームで遊んだプレイヤーは、道徳的な感受性が豊かになる」との研究結果が発表されました。

この研究結果は心理学雑誌「Cyberpsychology, Behavior, and Social Networking」にて発表されたもので、Grizzard氏は複数の被験者に対し「テロリストに扮して国連平和維持軍と戦う」と言う内容のゲームをプレイさせたとのこと。その後、被験者の道徳的感情を計測する調査やアンケートを実施したところ、ゲーム内の暴力性と被験者が持つ道徳心の向上に関係性が見られた模様です。

また、Grizzard氏からは「暴力的なゲームをプレイする実験を行った後、被験者達が罪悪感を覚えていたことと、その罪悪感が二つの特定の感情領域と相関していることを発見しました。一つは“人を思いやる/人を傷つけようとする感情”、そしてもう一つは“公平性/相互利益の感情”です」とも語られています。昨年5月に発表された「暴力的なゲームは残忍な行為に対して少年を鈍感にさせる」と言った内容の研究とは対照的なものとなっていますが、ゲーマーにとっては興味深い結果なのではないでしょうか。




さあゲーム脳教のみなさん、反論のターンです(`・ω・´)

でもわからんでもない

オナヌーした後の賢者タイムみたいな感じかな(*ノω・*)

今までゲームで何万人も殺してきたオレでも

現実には1人も殺していません



2012年10月07日 (日) | 編集 |
インサイド
【海外フォーラムの声】「日本のデベロッパーに何が起こったのか(任天堂以外の)」日本ゲーム再興のヒントも

米国のゲーム情報サイト「IGN」の掲示板で「日本のデベロッパーに何が起こったのか(任天堂以外で)」とのスレッドが建てられ議論を呼んでいます。

スレ主はID:awatmediaさん、「ゲームプレイとグラフィックスの面で欧米のデベロッパーと対抗できる日本のデベロッパーは唯一任天堂だけで、多くの会社はしょぼいRPGをしょぼいグラフィックスで作る能力しか無いように見えます。日本のデベロッパーはCall of Dutyの出来損ないのゲームやAppleを真似た商品ばかりを作るようになりました。彼らに何があったのでしょうか」と疑問を呈しました。

日本が進歩していないということに賛同する意見としては「何年も前のゲーム作りを続けて変化を嫌ったからだ」というものや「Xbox360とHDグラフィックスに対応できなかった」という意見、あるいは市場動向を指摘し「ゲーマーの志向が欧米スタイルに近づいている」「ゲームが人間の根源的な欲求、つまりセックス、ヌード、血、暴力ばかりにフォーカスしたものになってプレイヤーがクリエイティビティを捨てたからだ」というようなコメントもありました。
(中略)




しょぼいRPGは当たってる

でもな、日本では作れない、作る訳にはいかないゲームがある

戦争が舞台のゲームだ

「何言ってる、日本のゲームは戦争で溢れてるじゃないか」

それはそうだがちょっと違う

日本のゲームにおいて戦争はファンタジーの世界なんだ

CODのようなリアルな戦争は描けない

なぜなら日本には軍隊がないからな

だからCODの出来損ないになってしまう

今はそういうゲームが人気だから日本は圧倒的に不利なんだ

柔軟に対応できない日本のメーカーも悪いけど

笑ったのが、今ソニーで「ラスト・オブ・アス」というゲームを開発してるが

ゲーム性は違うけど似たような設定の「DayZ」をMODでチョチョイと作っちゃった

このスピードと柔軟性は日本も見習えよ

ユーザーは面白いゲームがプレイしたいだけだからな( ^ω^)