Patriot Game 強さの意味
2017年02月05日 (日) | 編集 |
music.jpニュース
DJ・ROCKETMANでも知られるふかわりょうがJASRAC著作権問題で音楽の「今」を解く

 Twitter上でのトレンドワードとその関連するニュースを紹介する『Around the WoRDS』のコーナーでは、“JASRAC”というトレンドワードに注目が集まりました。今後、音楽教室で演奏する楽曲などにもJASRACが著作権料を求めていくということについて、スタジオでも議論した。
 ROCKETMANとしてDJの活動もしているふかわはこの件について、「(著作権者の)権利を守ることは大事ですが、何でも杓子定規にやるのはどうなのかなと思います。ただ、(無料動画サイトなどで)お金を払わずに音楽を聴けるようになってしまったので、新たなマーケットを拡大しなければいけないという意識があるのかもしれません」と見解を示しながらも、「私が1つ言えるとすればこれだけで音楽は衰退しない。新たな時代への一歩となればいいと思います」と、前向きなコメントも述べていた。
(中略)




カスが営利目的ってバラしてるじゃねえかボケ!

著作権保護をやってりゃいいのに

マーケット拡大とか著作権を利用したビジネスが目的になってんだよ

ふかわさん、そこが嫌われてんのにわかんねえの

だから俺は音楽を買うのをやめた

日本の音楽業界は2010年に破綻してんだよ

音楽は衰退しない

日本の音楽業界が衰退するだけだよ、ふかわさん(´・ω・`)


スポンサーサイト


2016年12月17日 (土) | 編集 |
J-CASTニュース
水素水「やっぱりただの水」 国民生活センター調査の唖然

国民生活センターが、健康にいいなどとして販売されている「水素水」と水素水生成器の事業者に対し、水素水を飲むことで期待できる効果をアンケートしたところ、最も多い回答は「水分補給」だった。

また、容器入り水素水10銘柄と生成器9機種を調べ、水素が検出されない銘柄や、表示されている水素濃度より低いものが生成される機種があった。そしてセンターは、販売されているものの広告の中に医薬品医療機器等法や健康増進法に抵触するものがあるとして、行政に対し表示の改善を指導するよう要望した。
(中略)



その昔、酸素水というのがあってだな(ヽ´ω`)



2016年09月27日 (火) | 編集 |
J-CASTニュース
自動車免許で125ccバイク 規制緩和の動きに賛否両論

将来、普通自動車免許があれば、排気量125ccのバイクに乗ることができるようになるかもしれない、とインターネットで話題になっている。

現在、「原付2種」と呼ばれる125ccバイクに乗る場合、普通免許とは別に「小型自動二輪免許」が必要になる。その125ccバイクの免許取得について、全国オートバイ協同組合連合会や日本自動車工業会などは2010年から「簡便化」するよう、警察庁などに要望していた。

排気量125ccのバイクは、ここ数年人気が高まっている。

125ccのバイクは、道路運輸車両法では原付扱いだが、道路交通法では軽自動二輪扱いになるため、50cc(原付1種)のバイクにある速度制限(時速30キロメートル)がなく、クルマの流れとあわせて時速60キロメートルで走ることができる。また、交差点での「二段階右折義務」もなく、2人乗りも可能。ただ、高速道路は走ることはできない。

さらに、維持費も50ccの原付バイクとほとんどかわらず、250ccや400ccクラスのバイクより安い。軽自動車税は年間1600円で、車検はない。自動車損害賠償責任保険への加入は必要だが、任意保険はクルマの任意保険にファミリーバイク特約を付加すれば加入できる。

最近はオートマチック(「AT小型限定普通自動二輪免許」での運転)車両が増えて、手軽に乗れる。価格も10万円台から40万円台まで、幅広くそろう。50ccと比べてパワーが違うし、制動力も高い。実用性に富んでいることが、125ccバイクの魅力のようだ。

現行、自動車の普通免許を持っている人が運転できるのは50cc未満(原付1種)のバイクだけ。全国オートバイ協同組合連合会によると、普通免許を取得している人が125ccの小型自動二輪の免許を追加取得しようとすると、教習所に通う費用など7万円程度かかるという。
(中略)




まず言わせてもらうけど

バカじゃねえの(・ω・)

反対してるヤツラ

お前ら乗ったことあんの?

原付きは昔は役に立ったが今は規制規制でパワーは半分くらいになった

大の男では全く走らないんじゃ

坂なんか登らないったらありゃしない

しかも規制のせいで世界最強のバイク、スーパーカブの燃費を

悪くするという本末転倒ぶり

原付きはとことん使えないガラクタになってしまった

で、今の原付二種が昔の原付と同じくらいのパワーがあるから

自動車免許で乗っても合理性はある

こうなったのは規制が厳しくなったからや

新たに規制を強化したら別の規制を緩和するのは道理だろ

そもそも日本の免許制度は世界で例を見ないほど複雑で厳しすぎる

それにギャアギャア言ってるヤツラに聞きたい

免許のない自転車が道路を走ってるのはいいんか

事故の危険はないんか

もう一度言う、バカじゃねえの



2016年05月21日 (土) | 編集 |
J-CASTニュース
舛添都知事会見「第3者の厳しい目」連発で大荒れ  「壊れたラジオみたい」「橋下弁護士に依頼しろ」

「第3者の厳しい公正な目で」「しっかり調査するのがすべての前提」...。東京都の舛添要一知事が政治資金問題の記者会見でこう繰り返すばかりだったことで会場は大荒れ、ネット上でも怒りの声が止まない状況になっている。

2016年5月13日の定例会見で週刊文春などの指摘について釈明した後も、舛添氏の疑惑が各メディアで連日のように報じられた。

文春は、5月19日の発売号で大々的に続報を打ち、いくつかの政治資金利用に疑問を呈した。

舛添氏が都知事選に無所属で出馬したにもかかわらず、代表をしていた新党改革への政党交付金400万円強を自らの資金管理団体に移し替えていたと指摘した。これは違法性があるとは言えないものの、本来なら国に返還すべきだったと批判している。

毎日新聞は20日付記事で、舛添氏は、自らの似顔絵が描かれたまんじゅうを政治資金で大量に購入していたと指摘。資金管理団体の収支報告書には、14年3、4月に土産代として10万円ほどが計上されており、もし都内の有権者に配っていれば、公選法違反(寄付行為)に当たる可能性があるとした。

産経新聞も同じ日の記事で、舛添氏の政治資金利用の問題点を報じた。新党改革の支部などの収支報告書には、2012年4、5月に中古のミニバン計2台をそれぞれ100万円ほどで購入したとあり、うち1台は、神奈川県湯河原町内の別荘周辺で使っていたという。この車は、家族も利用しており、本当に政治活動に使われたのか疑問が出ているとしている。

このほかにも、数々の疑惑がメディアに指摘されており、舛添氏が説明責任を果たすかどうかが注目されていた。

ところが、舛添氏は、5月20日の定例会見では、最初から政治資金問題に自らは答えない姿勢を明確にした。
(中略)




政治資金規正法は合法的にマネー・ロンダリングして横領できる

欠陥法だからなあ(´・ω・`)

でもやるかどうかは政治家次第

マスゾエには品格がないということじゃ

それにコイツ確信的にやってるわ

身に覚えのない疑いをかけられたらすぐに弁明するのが普通

早く疑いを晴らしたいからな

なのにマスゾエは時間稼ぎばかり・・・

まっ黒や(*`ω´*)



2016年04月16日 (土) | 編集 |
産経ニュース
16日未明のM7・3が「本震」、28時間前は「前震」だった 気象庁「予測困難」と釈明

 16日未明に熊本県で起きたマグニチュード(M)7・3の地震は熊本地震の余震ではなく、一連の地震活動で最も規模が大きい「本震」だった。気象庁は28時間前に起きた熊本地震は「前震」だったと訂正。「予測は困難だった」と会見で釈明した。

 地震活動は最初に本震が発生し、その後に小規模の余震が続くことが多い。気象庁は今回もこのケースとみていたが、M6・5の熊本地震はいわば前触れにすぎなかった。M7・3は阪神大震災と同規模で、エネルギーの大きさは熊本地震の約16倍に及ぶ。

 なぜ“主役”の本震が控えていることを見抜けなかったのか。会見した気象庁の青木元・地震津波監視課長は「ある地震が起きたとき、さらに大きな地震が起きることをその場で予測するのは地震学上、非常に難しい」と説明した。
(中略)




地震予知は不可能

予算獲得のためできるふりをしている

ゲラー博士の言うとおりであることが

東日本大震災に続き証明された

フザケルナー!ε=ε=(怒゚Д゚)ノ

税金で食うだけの地震ムラ寄生虫

それを報じない報道の自由を主張するウジ虫マスコミ

来る来る言うてる東海地震はいつ来るんや